Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 村上 元三 (むらかみ げんぞう、1910年3月14日 - 2006年4月3日) は日本の小説家。朝鮮元山生まれ。青山学院中等部卒。1934年、「サンデー毎日」懸賞小説で選外佳作となった『利根の川霧』でデビュー。浅草の剣戟俳優・梅沢昇の脚本を書いているうち、梅沢の紹介で長谷川伸を知り、師事する。1941年には長谷川主催の雑誌「大衆文芸」に掲載された、『上総風土記』で直木賞受賞。戦後に朝日新聞夕刊に当時タブーであった剣豪小説『佐々木小次郎』を1年程掲載。大衆文学復興の旗手となる。北方もの、人物評伝もの、伝奇もの、海洋冒険もの、芸道もの、股旅もの、お家騒動ものと、多彩な作品を執筆した。代表作に『水戸黄門』『勝海舟』『次郎長三国志』など。1954年下半期から1989年下半期まで、30年以上の長きにわたり直木賞の選考委員を務めた。2008年現在、最長在任記録となっている。2006年4月3日、心不全のため東京都世田谷区の病院で死去。享年96。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 294452 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4467 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 47 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57787893 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 村上 元三 (むらかみ げんぞう、1910年3月14日 - 2006年4月3日) は日本の小説家。朝鮮元山生まれ。青山学院中等部卒。1934年、「サンデー毎日」懸賞小説で選外佳作となった『利根の川霧』でデビュー。浅草の剣戟俳優・梅沢昇の脚本を書いているうち、梅沢の紹介で長谷川伸を知り、師事する。1941年には長谷川主催の雑誌「大衆文芸」に掲載された、『上総風土記』で直木賞受賞。戦後に朝日新聞夕刊に当時タブーであった剣豪小説『佐々木小次郎』を1年程掲載。大衆文学復興の旗手となる。北方もの、人物評伝もの、伝奇もの、海洋冒険もの、芸道もの、股旅もの、お家騒動ものと、多彩な作品を執筆した。代表作に『水戸黄門』『勝海舟』『次郎長三国志』など。1954年下半期から1989年下半期まで、30年以上の長きにわたり直木賞の選考委員を務めた。2008年現在、最長在任記録となっている。2006年4月3日、心不全のため東京都世田谷区の病院で死去。享年96。
rdfs:label
  • 村上元三
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:storyEditor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is dbpedia-owl:writer of
is prop-ja:原作 of
is prop-ja:脚本 of
is foaf:primaryTopic of