Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 李 鴻昭(り こうしょう、Li Hongzhao、? - 1862年)は、太平天国の乱の指導者の一人。広東省出身。天地会のメンバーで、1854年に蜂起して、広州を包囲したが失敗して北上し、1855年に江西省に入り、太平天国軍に加入し、翼王石達開の部隊に属した。1857年、石達開の天京離脱に従い、江西省・浙江省・福建省・湖南省・広西省を転戦した。1860年、譚星・林彩新・周春・陳栄らとともに石達開軍を離脱し、「殿左三中隊将」を名乗って広東省・江西省・湖南省の境界を転戦した。1861年、江西省で太平天国の侍王李世賢軍に出会い、李世賢に従って浙江省に入り、金華・仙居を転戦し、錦天義に封じられた。台州の守将に任ぜられたが、1862年、台州は陥落し、捕らえられ処刑された。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1757887 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 645 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58360685 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 李 鴻昭(り こうしょう、Li Hongzhao、? - 1862年)は、太平天国の乱の指導者の一人。広東省出身。天地会のメンバーで、1854年に蜂起して、広州を包囲したが失敗して北上し、1855年に江西省に入り、太平天国軍に加入し、翼王石達開の部隊に属した。1857年、石達開の天京離脱に従い、江西省・浙江省・福建省・湖南省・広西省を転戦した。1860年、譚星・林彩新・周春・陳栄らとともに石達開軍を離脱し、「殿左三中隊将」を名乗って広東省・江西省・湖南省の境界を転戦した。1861年、江西省で太平天国の侍王李世賢軍に出会い、李世賢に従って浙江省に入り、金華・仙居を転戦し、錦天義に封じられた。台州の守将に任ぜられたが、1862年、台州は陥落し、捕らえられ処刑された。
rdfs:label
  • 李鴻昭
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of