Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 李 登輝(り とうき、リー・テンフェ、1923年(大正12年)1月15日 - )は、中華民国の政治家・農業経済学者。元・中華民国総統(1988年 - 2000年)。コーネル大学農業経済学博士、拓殖大学名誉博士。信仰する宗教はプロテスタント・長老派。日本統治時代に使用していた名は岩里 政男(いわさと まさお)。蒋経国の死後、その後継者として中華民国の歴史上初めての民選総統となった。中華民国総統、中国国民党主席に就任し、中華民国の本土化を推進した。中華民国が掲げ続けてきた「反攻大陸」のスローガンを下ろし、中華人民共和国が中国大陸を有効に支配していることを認めると同時に、台湾・澎湖・金門・馬祖には中華民国という別の国家が存在するという「中華民国在台湾」を主張、その後さらにこの国のことを「中華民国台湾」と呼ぶようになった。北京政府との内戦状態の一方的終結宣言は、内戦を理由に存在し続けてきた治安法「動員戡乱時条款」を廃止させ、政治の民主化を推進させた。総統職と国民党主席を退任した後は、「台湾」と名前の付いた初めての政党台湾団結連盟を自ら中心となって結成し、台湾独立運動に影響を与え続けている。
dbpedia-owl:alias
  • り・とうき
  • 李登輝
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 28887 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 25110 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 423 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58955940 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2011 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:サイン
  • Signature of Li Teng-hui.png
prop-ja:ピン音
  • Lǐ Dēnghuī
prop-ja:ラテン字
  • Lee Teng-hui
prop-ja:人名
  • 李 登輝
prop-ja:代数
  • 第7
  • 第7代(代行)、第8-9
prop-ja:元首
  • 蒋経国総統
prop-ja:出生日
  • 1923-01-15 (xsd:date)
prop-ja:名前
  • 李登輝
prop-ja:和名
  • り・とうき
prop-ja:就任日
  • --01-13
  • --05-20
prop-ja:政党
prop-ja:注音
  • ㄌㄧˇ ㄉㄥㄏㄨㄟ
prop-ja:生地
  • 日本統治時代 (台湾) 台北州淡水郡三芝庄埔坪村
  • (現: 新北市三芝区)
prop-ja:画像
  • Lee Teng-hui 2004 cropped.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 230 (xsd:integer)
prop-ja:発音
  • リー・テンフェ
prop-ja:簡体字
  • 李登辉
prop-ja:繁体字
  • 李登輝
prop-ja:職名
prop-ja:職業
prop-ja:退任日
  • --01-13
  • --05-20
prop-ja:配偶者
  • 曽文恵
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 李 登輝(り とうき、リー・テンフェ、1923年(大正12年)1月15日 - )は、中華民国の政治家・農業経済学者。元・中華民国総統(1988年 - 2000年)。コーネル大学農業経済学博士、拓殖大学名誉博士。信仰する宗教はプロテスタント・長老派。日本統治時代に使用していた名は岩里 政男(いわさと まさお)。蒋経国の死後、その後継者として中華民国の歴史上初めての民選総統となった。中華民国総統、中国国民党主席に就任し、中華民国の本土化を推進した。中華民国が掲げ続けてきた「反攻大陸」のスローガンを下ろし、中華人民共和国が中国大陸を有効に支配していることを認めると同時に、台湾・澎湖・金門・馬祖には中華民国という別の国家が存在するという「中華民国在台湾」を主張、その後さらにこの国のことを「中華民国台湾」と呼ぶようになった。北京政府との内戦状態の一方的終結宣言は、内戦を理由に存在し続けてきた治安法「動員戡乱時条款」を廃止させ、政治の民主化を推進させた。総統職と国民党主席を退任した後は、「台湾」と名前の付いた初めての政党台湾団結連盟を自ら中心となって結成し、台湾独立運動に影響を与え続けている。
rdfs:label
  • 李登輝
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 李登輝
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:元首 of
is prop-ja:副大統領 of
is foaf:primaryTopic of