Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 杉浦 俊香(すぎうら しゅんこう、1844年6月22日(天保15年5月7日) - 1931年(昭和6年)6月8日)は、静岡県安倍郡静岡東草深町(現在の静岡県静岡市葵区)出身、戦前の日本の美術家、日本画家、哲学者。壮年期は日光及び高野山に籠り技を研磨し、支那に遊び台湾に渡り技を磨いた。60歳にして摂津国剣尾山(けんぴさん、現在の大阪府豊能郡能勢町)の人跡絶し山頂に籠居し3年間の修養を積み、独自の日本画を創出し雅号を俊香と称す。生涯を通じての作品は一般の画家に較べ遥かに少なく、溌墨画及び雪影は独自の画風である。近代日本画壇はもとより、前後五回、欧米に渡り日本画の紹介行脚を行い海外にも日本画を紹介した。1913年(大正2年)、仏蘭西政府よりオフィシエ・ド・アカデミー勲章、外国人に贈られる最高章を授章、同時にルーヴル美術館より遺作《遠浦帰帆》の展示を約束された。
dbpedia-owl:alias
  • すぎうら しゅんこう
dbpedia-owl:birthDate
  • 1844-06-22 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1931-06-08 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:imageSize
  • 250 (xsd:integer)
dbpedia-owl:nationality
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2128309 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12964 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 258 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58460620 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ふりがな
  • すぎうら しゅんこう
prop-ja:出生名
  • 今井 高融
prop-ja:別名
  • 杉浦 高融
prop-ja:死没地
  • 東京市麻布区広尾町
prop-ja:氏名
  • 杉浦 俊香
prop-ja:没年月日
  • 1931-06-08 (xsd:date)
prop-ja:生年月日
  • 1844-06-22 (xsd:date)
prop-ja:生誕地
prop-ja:画像
  • Shunko_Sugiura.JPG
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 明治42年頃の杉浦俊香
prop-ja:職業
  • 宗教原則論者
  • 日本画家、哲学者、道学
prop-ja:著名な実績
  • オフィシエ・ド・アカデミー受章
  • ルーブル美術館蔵
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 杉浦 俊香(すぎうら しゅんこう、1844年6月22日(天保15年5月7日) - 1931年(昭和6年)6月8日)は、静岡県安倍郡静岡東草深町(現在の静岡県静岡市葵区)出身、戦前の日本の美術家、日本画家、哲学者。壮年期は日光及び高野山に籠り技を研磨し、支那に遊び台湾に渡り技を磨いた。60歳にして摂津国剣尾山(けんぴさん、現在の大阪府豊能郡能勢町)の人跡絶し山頂に籠居し3年間の修養を積み、独自の日本画を創出し雅号を俊香と称す。生涯を通じての作品は一般の画家に較べ遥かに少なく、溌墨画及び雪影は独自の画風である。近代日本画壇はもとより、前後五回、欧米に渡り日本画の紹介行脚を行い海外にも日本画を紹介した。1913年(大正2年)、仏蘭西政府よりオフィシエ・ド・アカデミー勲章、外国人に贈られる最高章を授章、同時にルーヴル美術館より遺作《遠浦帰帆》の展示を約束された。
rdfs:label
  • 杉浦俊香
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 杉浦 俊香
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of