Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 杉山 彦三郎(すぎやま ひこさぶろう、安政4年7月5日(1857年8月24日) - 昭和16年(1941年)2月7日))は、お茶の研究家。駿河国有渡郡中吉田村(現・静岡県静岡市駿河区国吉田)出身。茶樹に早中晩生と優劣の種があることを発見し、この研究に没頭、「やぶきた」種など、多数の新種の発見と普及に貢献した。静岡市葵区の駿府城公園内に氏を顕彰する胸像碑がある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 823601 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 722 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 27 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49199415 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 杉山 彦三郎(すぎやま ひこさぶろう、安政4年7月5日(1857年8月24日) - 昭和16年(1941年)2月7日))は、お茶の研究家。駿河国有渡郡中吉田村(現・静岡県静岡市駿河区国吉田)出身。茶樹に早中晩生と優劣の種があることを発見し、この研究に没頭、「やぶきた」種など、多数の新種の発見と普及に貢献した。静岡市葵区の駿府城公園内に氏を顕彰する胸像碑がある。
rdfs:label
  • 杉山彦三郎
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of