Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 朱 慈烜(しゅ じけん、1630年1月15日生没)は、明の崇禎帝の次男(水子)。生母は周皇后。崇禎2年(1629年)11月から、ホンタイジの後金軍がモンゴル経由で北京を攻めた(己巳の変という)。12月1日、北京防衛のために急いで駆けつけた袁崇煥が、ホンタイジの謀略により、謀叛の疑いありとして投獄された。後金軍は北京周辺の攻略を続けた。周皇后は妊娠していたが、これに驚愕し、12月3日に流産した。この時死産したのは崇禎帝の次男であり、朱慈烜と名付けられ、王の位号を追贈され、懐隠と諡された。翠微山に葬された。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3225125 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 514 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57224113 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 朱 慈烜(しゅ じけん、1630年1月15日生没)は、明の崇禎帝の次男(水子)。生母は周皇后。崇禎2年(1629年)11月から、ホンタイジの後金軍がモンゴル経由で北京を攻めた(己巳の変という)。12月1日、北京防衛のために急いで駆けつけた袁崇煥が、ホンタイジの謀略により、謀叛の疑いありとして投獄された。後金軍は北京周辺の攻略を続けた。周皇后は妊娠していたが、これに驚愕し、12月3日に流産した。この時死産したのは崇禎帝の次男であり、朱慈烜と名付けられ、王の位号を追贈され、懐隠と諡された。翠微山に葬された。
rdfs:label
  • 朱慈ケン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of