Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 本貫(ほんがん、ほんかん)は古代東アジアにおいて戸籍の編成(貫籍)が行われた土地をいう。転じて、氏族集団の発祥の地を指すようになった。日本には律令制下の戸籍制度とともに概念が導入された。中世以降、武家の名字(苗字)の由来となった土地(名字の地, 一所懸命の土地)を「本貫」、「本貫地」(ほんがんち)と呼ぶようになった。中国・朝鮮半島では、個人の戸籍の所在地の意味を離れ、氏族集団(宗族)の始祖の発祥地として使用された。とくに大韓民国では現在も家族制度上大きな意味を持つ。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 89407 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13674 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 751 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58578588 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:alphabet
  • bon-gwan
prop-ja:alphabetType
prop-ja:hangeul
  • 본관
prop-ja:hanja
  • 本貫
prop-ja:katakana
  • ポングァン
prop-ja:title
  • 本貫
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 本貫(ほんがん、ほんかん)は古代東アジアにおいて戸籍の編成(貫籍)が行われた土地をいう。転じて、氏族集団の発祥の地を指すようになった。日本には律令制下の戸籍制度とともに概念が導入された。中世以降、武家の名字(苗字)の由来となった土地(名字の地, 一所懸命の土地)を「本貫」、「本貫地」(ほんがんち)と呼ぶようになった。中国・朝鮮半島では、個人の戸籍の所在地の意味を離れ、氏族集団(宗族)の始祖の発祥地として使用された。とくに大韓民国では現在も家族制度上大きな意味を持つ。
rdfs:label
  • 本貫
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of