Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 本能寺の変(ほんのうじのへん)は、天正10年6月2日(1582年6月21日)、明智光秀が謀反を起こして京都の本能寺に宿泊中の主君織田信長を襲撃した事件である。信長は寝込みを襲われ包囲されたのを悟ると、寺に火を放ち自害して果てた。信長の嫡男で織田家当主信忠は、宿泊していた妙覚寺から二条御新造に退いて戦ったが、やはり自害した。2人の死によって織田政権は崩壊し、天下人となった光秀であったが、中国大返しで畿内に戻った羽柴秀吉に山崎の戦いで敗れて、僅か13日後に非業の死を遂げた。この事件は戦国乱世が終息に向う契機となったので、戦国時代における最後の下剋上とも言われる。光秀が謀反を起こした理由については、定説が存在せず、「日本史の謎」「永遠のミステリー」などと呼ばれ、様々な人々が多種多様な説を発表している。(各説については変の要因を参照)
dbpedia-owl:casualties
  • 57 (xsd:integer)
  • 63 (xsd:integer)
  • 168 (xsd:integer)
dbpedia-owl:combatant
  • 明智軍15px
  • 織田軍15px
dbpedia-owl:description
  • 「本能寺焼討之図」(明治時代、楊斎延一画)
dbpedia-owl:isPartOfMilitaryConflict
dbpedia-owl:opponents
dbpedia-owl:place
dbpedia-owl:result
  • 明智軍の勝利:織田信長・信忠の自刃
dbpedia-owl:strength
  • 本能寺:信長・御小姓衆(諸説あり:20-30から150-160)
  • 二条新御所:信忠・母衣衆(諸説あり:数百、500-1,500)
  • 1万3,000名
  • (2万や3万など異説もあり)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 9768 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 101078 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 950 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59150312 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • right
prop-ja:alt
  • 信長公首塚
  • 本能寺信長公廟
  • 織田信長公供養塔
  • 高野山金剛峯寺
prop-ja:battleName
  • 本能寺の変
prop-ja:campaign
  • 織田信長の戦闘
prop-ja:caption
  • 「本能寺焼討之図」(明治時代、楊斎延一画)
  • 大徳寺総見院の信長公供養塔
  • 現在の本能寺にある信長公廟
  • 西山本門寺の伝承「信長公首塚」
  • 高野山金剛峯寺にある信長供養塔
prop-ja:casualties
  • 二条新御所:63名や430名など諸説あり *[[#討死、自害した人物
  • 不明 *『惟任退治記』では、明智孫十郎、松生三右衛門、加成清次ほか168名
  • 本能寺:57名ほど
prop-ja:combatant
  • 明智軍15px
  • 織田軍15px
prop-ja:commander
prop-ja:conflict
prop-ja:date
  • --06-02
prop-ja:direction
  • horizontal
  • vertical
prop-ja:footer
  • 他に妙心寺玉鳳院、阿弥陀寺、神護山崇福寺にも信長・信忠の墓がある
prop-ja:image
  • 20120310 (xsd:integer)
  • Honnouji Nobunagako-byo2.jpg
  • Nishiyama honmonji Nobunaga kubizuka.JPG
  • Souken-in 2.JPG
prop-ja:place
prop-ja:result
  • 明智軍の勝利:織田信長・信忠の自刃
prop-ja:strength
  • 1 (xsd:integer)
  • 本能寺:信長・御小姓衆(諸説あり:20-30から150-160)
  • 二条新御所:信忠・母衣衆(諸説あり:数百、500-1,500)
  • (2万や3万など異説もあり)
prop-ja:width
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 本能寺の変(ほんのうじのへん)は、天正10年6月2日(1582年6月21日)、明智光秀が謀反を起こして京都の本能寺に宿泊中の主君織田信長を襲撃した事件である。信長は寝込みを襲われ包囲されたのを悟ると、寺に火を放ち自害して果てた。信長の嫡男で織田家当主信忠は、宿泊していた妙覚寺から二条御新造に退いて戦ったが、やはり自害した。2人の死によって織田政権は崩壊し、天下人となった光秀であったが、中国大返しで畿内に戻った羽柴秀吉に山崎の戦いで敗れて、僅か13日後に非業の死を遂げた。この事件は戦国乱世が終息に向う契機となったので、戦国時代における最後の下剋上とも言われる。光秀が謀反を起こした理由については、定説が存在せず、「日本史の謎」「永遠のミステリー」などと呼ばれ、様々な人々が多種多様な説を発表している。(各説については変の要因を参照)
rdfs:label
  • 本能寺の変
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 本能寺の変
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:result of
is foaf:primaryTopic of