Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 本籍(ほんせき)1948年に全面改正施行された戸籍法による日本の現行戸籍制度において、戸籍に記載される人が任意に定める、日本国内のいずれかの場所のこと。その場所を示す所在地表示が戸籍の「本籍」の欄に記載され、筆頭者氏名とともに、戸籍を表示する方法として用いられる。旧戸籍法による日本の旧戸籍制度において、戸主が定める、日本国内のいずれかの場所のこと。その場所を示す所在地表示が戸籍の「本籍」の欄に記載され、戸主氏名とともに、戸籍を表示する方法として用いられた。基本的に家の所在地(戸主・家族の住所)を示すものであった。本籍により示される場所のことを本籍地(ほんせきち)という。以下、特記ない限り、現行戸籍制度における本籍について記述する。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 68419 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5045 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 91 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58776861 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 本籍(ほんせき)1948年に全面改正施行された戸籍法による日本の現行戸籍制度において、戸籍に記載される人が任意に定める、日本国内のいずれかの場所のこと。その場所を示す所在地表示が戸籍の「本籍」の欄に記載され、筆頭者氏名とともに、戸籍を表示する方法として用いられる。旧戸籍法による日本の旧戸籍制度において、戸主が定める、日本国内のいずれかの場所のこと。その場所を示す所在地表示が戸籍の「本籍」の欄に記載され、戸主氏名とともに、戸籍を表示する方法として用いられた。基本的に家の所在地(戸主・家族の住所)を示すものであった。本籍により示される場所のことを本籍地(ほんせきち)という。以下、特記ない限り、現行戸籍制度における本籍について記述する。
rdfs:label
  • 本籍
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:出生地 of
is foaf:primaryTopic of