Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 本朝麗藻(ほんちょうれいそう)は平安中期の漢詩集。高階積善の撰。一条朝末期、寛弘7年(1010年)頃成立。全2巻。上巻は春・夏・秋・冬(闕)の四時部、下巻は山水・仏事・神祇・山荘・閑居・帝徳・法令・書籍(付勤学)・賢人・讃徳・詩・酒・贈答・餞送・懐旧・述懐の16部に分かれる。現存本は上巻の首尾を欠く。六朝風の七言詩の占める比重が頗る大きい。一条天皇・具平親王以下、藤原道長・藤原伊周・藤原公任ら大臣卿相をはじめ、大江以言・大江匡衡・藤原為時・源為憲・源道済ら寛弘期に活躍した詩人36人の作品150余首(漢詩と詩序を含む)を収録。作品年代の上限は円融朝。具平親王を別にすると藤原伊周(積善の甥)・大江以言(伊周の側近)の作が最も多い。「群書類従・文筆部」所収。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2418185 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 795 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 27 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52343210 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 本朝麗藻(ほんちょうれいそう)は平安中期の漢詩集。高階積善の撰。一条朝末期、寛弘7年(1010年)頃成立。全2巻。上巻は春・夏・秋・冬(闕)の四時部、下巻は山水・仏事・神祇・山荘・閑居・帝徳・法令・書籍(付勤学)・賢人・讃徳・詩・酒・贈答・餞送・懐旧・述懐の16部に分かれる。現存本は上巻の首尾を欠く。六朝風の七言詩の占める比重が頗る大きい。一条天皇・具平親王以下、藤原道長・藤原伊周・藤原公任ら大臣卿相をはじめ、大江以言・大江匡衡・藤原為時・源為憲・源道済ら寛弘期に活躍した詩人36人の作品150余首(漢詩と詩序を含む)を収録。作品年代の上限は円融朝。具平親王を別にすると藤原伊周(積善の甥)・大江以言(伊周の側近)の作が最も多い。「群書類従・文筆部」所収。
rdfs:label
  • 本朝麗藻
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of