Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 木脇 祐昌(きのわき すけまさ、天文16年(1547年)- 天正13年8月10日(1585年9月30日))は戦国時代から安土桃山時代にかけての薩摩国島津氏の家臣。通称は刑部左衛門。父は木脇祐定。母は町田丹後守の娘。子は木脇祐吉(祐貞とも)、木脇祐秀。木脇祐定の嫡子として誕生した。島津義弘に仕え、永禄9年(1566年)の三ツ山城攻めで功を為した。天正11年(1583年)10月、肥後国の花の山城の城主ならびに地頭に任じられたが、天正13年(1585年)8月、甲斐親英の率いた阿蘇8千町の多勢に城を攻囲される。祐昌は駆け付けた鎌田政虎や、救援の相良氏の軍勢と共に奮戦するも手負いとなり、辞世の句(後述)を詠んで敵中に駆け入り討ち死にを遂げた。また、城も落城し、鎌田政虎や深水摂津介(深水長智の嫡子)ら30余名が討ち死にした。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3107327 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 756 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58361514 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 木脇 祐昌(きのわき すけまさ、天文16年(1547年)- 天正13年8月10日(1585年9月30日))は戦国時代から安土桃山時代にかけての薩摩国島津氏の家臣。通称は刑部左衛門。父は木脇祐定。母は町田丹後守の娘。子は木脇祐吉(祐貞とも)、木脇祐秀。木脇祐定の嫡子として誕生した。島津義弘に仕え、永禄9年(1566年)の三ツ山城攻めで功を為した。天正11年(1583年)10月、肥後国の花の山城の城主ならびに地頭に任じられたが、天正13年(1585年)8月、甲斐親英の率いた阿蘇8千町の多勢に城を攻囲される。祐昌は駆け付けた鎌田政虎や、救援の相良氏の軍勢と共に奮戦するも手負いとなり、辞世の句(後述)を詠んで敵中に駆け入り討ち死にを遂げた。また、城も落城し、鎌田政虎や深水摂津介(深水長智の嫡子)ら30余名が討ち死にした。
rdfs:label
  • 木脇祐昌
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of