Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 木庭二郎(こば じろう、1915年3月7日 - 1973年9月28日)は昭和期の物理学者。核物理学を専攻。1945年に東京帝国大学を卒業し、大阪大学助教授等を経て、京都大学教授となる。1963年にコペンハーゲン大学のニールス・ボーア研究所教授となるが、1973年にコペンハーゲンでコレラにより客死。朝永振一郎の繰り込み理論の研究などに協力し、高エネルギー粒子の衝突における多重発生現象を研究した。坂田昌一の「凝集力場理論」の検証において計算を間違えた責任を取って、丸坊主になったエピソードは有名である。これは、それだけ朝永振一郎に信頼されていたと言える。兄は文芸評論家の中村光夫。
dbpedia-owl:affiliation
dbpedia-owl:almaMater
dbpedia-owl:birthDate
  • 1915-03-07 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1973-09-28 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:field
dbpedia-owl:nationality
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1749463 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1602 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57301899 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
  • 東京帝国大学
prop-ja:birthDate
  • 1915-03-07 (xsd:date)
prop-ja:birthPlace
  • 、東京
prop-ja:deathDate
  • 1973-09-28 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • 、コペンハーゲン
prop-ja:field
prop-ja:name
  • 木庭二郎
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:workInstitution
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 木庭二郎(こば じろう、1915年3月7日 - 1973年9月28日)は昭和期の物理学者。核物理学を専攻。1945年に東京帝国大学を卒業し、大阪大学助教授等を経て、京都大学教授となる。1963年にコペンハーゲン大学のニールス・ボーア研究所教授となるが、1973年にコペンハーゲンでコレラにより客死。朝永振一郎の繰り込み理論の研究などに協力し、高エネルギー粒子の衝突における多重発生現象を研究した。坂田昌一の「凝集力場理論」の検証において計算を間違えた責任を取って、丸坊主になったエピソードは有名である。これは、それだけ朝永振一郎に信頼されていたと言える。兄は文芸評論家の中村光夫。
rdfs:label
  • 木庭二郎
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 木庭二郎
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of