Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 朝永 振一郎(ともなが しんいちろう、1906年(明治39年)3月31日 - 1979年(昭和54年)7月8日)は、日本の物理学者。相対論的に共変でなかった場の量子論を超多時間論で共変な形にして場の演算子を形成し、場の量子論を一新した。超多時間論を元にくりこみ理論の手法を発明、量子電磁力学の発展に寄与した功績によってノーベル物理学賞を受賞した。東京生まれで京都育ち。なお、朝永家自体は長崎県の出身。
dbpedia-owl:affiliation
dbpedia-owl:almaMater
dbpedia-owl:award
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1979-07-08 (xsd:date)
dbpedia-owl:depictionDescription
  • 朝永振一郎
dbpedia-owl:field
dbpedia-owl:knownFor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2909 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 22914 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 227 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59151415 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
  • 京都帝国大学
prop-ja:birthDate
  • --03-31
prop-ja:birthPlace
  • 東京府東京市小石川区
prop-ja:caption
  • 朝永振一郎
prop-ja:deathDate
  • 1979-07-08 (xsd:date)
prop-ja:field
prop-ja:knownFor
prop-ja:name
  • 朝永 振一郎
  • (ともなが しんいちろう)
prop-ja:prizes
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:workInstitution
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 朝永 振一郎(ともなが しんいちろう、1906年(明治39年)3月31日 - 1979年(昭和54年)7月8日)は、日本の物理学者。相対論的に共変でなかった場の量子論を超多時間論で共変な形にして場の演算子を形成し、場の量子論を一新した。超多時間論を元にくりこみ理論の手法を発明、量子電磁力学の発展に寄与した功績によってノーベル物理学賞を受賞した。東京生まれで京都育ち。なお、朝永家自体は長崎県の出身。
rdfs:label
  • 朝永振一郎
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 朝永 振一郎
  • (ともなが しんいちろう)
is dbpedia-owl:notableStudent of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:notableStudents of
is foaf:primaryTopic of