Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 朝倉源太郎(あさくらげんたろう、天保7年(1836年) - 慶応元年2月4日(1865年3月1日))は幕末の志士。本姓は日下部氏。家系は戦国大名・朝倉氏の末裔を称し代々、水戸藩士。諱は景行。仮名は源太郎、後に源太衛門と名乗るが初名に復す。父は朝倉源七郎広政、母は山田吉忠の姉。尊皇志士として国事に奔走するが、水戸天狗党の乱で幕府軍に捕縛され、刑死した。墓所は福井県敦賀市松原。位階は贈正五位。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 480388 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1663 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 64 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50181645 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 朝倉源太郎(あさくらげんたろう、天保7年(1836年) - 慶応元年2月4日(1865年3月1日))は幕末の志士。本姓は日下部氏。家系は戦国大名・朝倉氏の末裔を称し代々、水戸藩士。諱は景行。仮名は源太郎、後に源太衛門と名乗るが初名に復す。父は朝倉源七郎広政、母は山田吉忠の姉。尊皇志士として国事に奔走するが、水戸天狗党の乱で幕府軍に捕縛され、刑死した。墓所は福井県敦賀市松原。位階は贈正五位。
rdfs:label
  • 朝倉源太郎
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of