Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 望陀布(もうだのぬの)は、古代において上総国望陀郡(現在の千葉県袖ヶ浦市・木更津市・君津市付近)で産出されて調として徴された麻織物(麻布)のこと。律令制においては最高級品と規定され、大嘗祭などの宮中祭祀や遣唐使の贈答品としても採用された。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1175018 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3025 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 72 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57379378 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 望陀布(もうだのぬの)は、古代において上総国望陀郡(現在の千葉県袖ヶ浦市・木更津市・君津市付近)で産出されて調として徴された麻織物(麻布)のこと。律令制においては最高級品と規定され、大嘗祭などの宮中祭祀や遣唐使の贈答品としても採用された。
rdfs:label
  • 望陀布
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of