Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 朔平門外の変(さくべいもんがいのへん)は、江戸時代末期(幕末)の文久3年5月20日(1863年7月5日)、尊王攘夷を唱える過激派公家として知られた姉小路公知(右近衛少将、国事参政)が、禁裏朔平門外の猿ヶ辻(さるがつじ)で暗殺された事件。猿ヶ辻の変(さるがつじのへん)とも。一殿上人の暗殺に留まらず、当時の中央政局に大きな影響を与え、同年の八月十八日の政変が起きるきっかけにもなった。※ 以下、本項における日付はすべて旧暦(天保暦)によるものである。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1695395 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7934 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 118 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57086985 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 朔平門外の変(さくべいもんがいのへん)は、江戸時代末期(幕末)の文久3年5月20日(1863年7月5日)、尊王攘夷を唱える過激派公家として知られた姉小路公知(右近衛少将、国事参政)が、禁裏朔平門外の猿ヶ辻(さるがつじ)で暗殺された事件。猿ヶ辻の変(さるがつじのへん)とも。一殿上人の暗殺に留まらず、当時の中央政局に大きな影響を与え、同年の八月十八日の政変が起きるきっかけにもなった。※ 以下、本項における日付はすべて旧暦(天保暦)によるものである。
rdfs:label
  • 朔平門外の変
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of