Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 有賀・喜多野論争(あるが・きたのろんそう)は、社会学者の有賀喜左衛門と、同じく社会学者の喜多野清一の間で「家族」「家」の定義を巡って行われた論争。主に1960年代に行われた。社会学者戸田貞三の小家族理論ならびに、それを支持する喜多野の説や、文化人類学者ジョージ・マードックの核家族理論を、有賀喜左衛門が「家族と家」の中で批判し、それに喜多野が反論したのが発端。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1502563 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1079 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 18 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57083081 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 有賀・喜多野論争(あるが・きたのろんそう)は、社会学者の有賀喜左衛門と、同じく社会学者の喜多野清一の間で「家族」「家」の定義を巡って行われた論争。主に1960年代に行われた。社会学者戸田貞三の小家族理論ならびに、それを支持する喜多野の説や、文化人類学者ジョージ・マードックの核家族理論を、有賀喜左衛門が「家族と家」の中で批判し、それに喜多野が反論したのが発端。
rdfs:label
  • 有賀・喜多野論争
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of