Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 有機化学(ゆうきかがく、英語:organic chemistry)は、有機化合物の製法、構造、用途、性質についての研究をする化学の部門である。構造有機化学、反応有機化学(有機反応論)、合成有機化学、生物有機化学などの分野がある。炭素化合物の多くは有機化合物であるが、100を超える元素の中で炭素の化合物だけが特に取り上げられる理由は、現在知られている化合物のうち、炭素以外の元素のみからなるものは、炭素を含むものにはるかに及ばないからである。また、生体を構成するタンパク質や核酸、糖、脂質といった化合物はすべて炭素化合物である。これは、炭素が −C−C−, −C−O−, −C−N− といった連鎖を任意の数だけ繰り返して共有結合できる唯一の元素だからである。ケイ素はいくぶん似た性質を持つが、炭素に比べると Si−Si 結合やSi=Si結合等の安定度が低いために炭素ほどの多様性をもたない。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3083 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4073 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 165 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54380531 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 有機化学(ゆうきかがく、英語:organic chemistry)は、有機化合物の製法、構造、用途、性質についての研究をする化学の部門である。構造有機化学、反応有機化学(有機反応論)、合成有機化学、生物有機化学などの分野がある。炭素化合物の多くは有機化合物であるが、100を超える元素の中で炭素の化合物だけが特に取り上げられる理由は、現在知られている化合物のうち、炭素以外の元素のみからなるものは、炭素を含むものにはるかに及ばないからである。また、生体を構成するタンパク質や核酸、糖、脂質といった化合物はすべて炭素化合物である。これは、炭素が −C−C−, −C−O−, −C−N− といった連鎖を任意の数だけ繰り返して共有結合できる唯一の元素だからである。ケイ素はいくぶん似た性質を持つが、炭素に比べると Si−Si 結合やSi=Si結合等の安定度が低いために炭素ほどの多様性をもたない。
rdfs:label
  • 有機化学
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:academicDiscipline of
is dbpedia-owl:field of
is dbpedia-owl:knownFor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:caption of
is prop-ja:discipline of
is prop-ja:field of
is prop-ja:fields of
is prop-ja:footer of
is prop-ja:knownFor of
is foaf:primaryTopic of