Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 有機セレン化合物(ゆうきセレンかごうぶつ)は炭素とセレン (Se) の化学結合を含む化合物である。それらの性質や反応性は有機セレン化学で取り扱われる。セレンは酸素 (O) や硫黄 (S) と同じく第16族元素であり、それらの化学的性質は類似するところもある。セレンは +2 から −6 までの酸化数をとることができる。周期表の列を下るにつれて結合エネルギーは弱くなり(C−Se結合は234 kJ/mol、C−S結合は272 kJ/mol)、結合は長くなる(C−Se結合は198 pm、C−S結合は181 pm、C−O結合は141 pm)。セレンの化合物は硫黄類縁体よりも求核性が高く、より酸性である。YH2型の化合物のpKaは Y = O の場合16、Y = S の場合7、Y = Se の場合3.8である。スルホキシドと比べ、対応するセレノキシドはβプロトンがあると不安定になり、この性質はセレンを使った有機化学反応、特にセレノキシド酸化やセレノキシド脱離に利用される。最初に単離された有機セレン化合物は1836年のジエチルセレニドである。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 780457 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3504 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 47 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55122057 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 有機セレン化合物(ゆうきセレンかごうぶつ)は炭素とセレン (Se) の化学結合を含む化合物である。それらの性質や反応性は有機セレン化学で取り扱われる。セレンは酸素 (O) や硫黄 (S) と同じく第16族元素であり、それらの化学的性質は類似するところもある。セレンは +2 から −6 までの酸化数をとることができる。周期表の列を下るにつれて結合エネルギーは弱くなり(C−Se結合は234 kJ/mol、C−S結合は272 kJ/mol)、結合は長くなる(C−Se結合は198 pm、C−S結合は181 pm、C−O結合は141 pm)。セレンの化合物は硫黄類縁体よりも求核性が高く、より酸性である。YH2型の化合物のpKaは Y = O の場合16、Y = S の場合7、Y = Se の場合3.8である。スルホキシドと比べ、対応するセレノキシドはβプロトンがあると不安定になり、この性質はセレンを使った有機化学反応、特にセレノキシド酸化やセレノキシド脱離に利用される。最初に単離された有機セレン化合物は1836年のジエチルセレニドである。
rdfs:label
  • 有機セレン化合物
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:knownFor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:knownFor of
is foaf:primaryTopic of