Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 有坂銃(ありさかじゅう)とは、日本のボルトアクション方式の軍制式小銃の系列であり、それまでの村田銃系列の小銃を更新する為に1897年より製造が始まり、第二次世界大戦が終結する1945年まで製造された一連の小銃をさす。欧米圏ではアリサカ・ライフル (Arisaka rifle) とも呼ぶ。最も一般的な有坂銃は6.5×50mmセミリムドの三十八年式実包を用いる三八式歩兵銃及び、現代の.308ウインチェスター弾に匹敵する威力を持つ7.7×58mmリムレスの九九式実包を用いる九九式短小銃である。九九式及び他の多くの有坂銃の亜種は、ほとんどは連合国軍最高司令官総司令部の命令により廃棄処分されたが、何千挺かはアメリカ軍の兵士の手により戦地にて鹵獲され、戦利品として第二次大戦後にアメリカ合衆国へともたらされた。
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2862655 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 24033 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 246 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57536560 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:action
  • ボルトアクション方式
prop-ja:after
  • M1ガーランド
  • M1カービン
  • 旧日本軍の終焉
prop-ja:before
prop-ja:caption
  • 有坂銃の進化の系譜
prop-ja:cartridge
  • 6.500000 (xsd:double)
  • 7.700000 (xsd:double)
prop-ja:designDate
  • 1897 (xsd:integer)
prop-ja:designer
prop-ja:feed
  • 五発内蔵弾倉
prop-ja:isRanged
  • yes
prop-ja:name
  • 有坂銃
prop-ja:service
  • 1897 (xsd:integer)
  • 1952 (xsd:integer)
prop-ja:sights
  • 狙撃銃の相違点: 工場出荷時にゼロイン調整された照準器を装着
  • 照星: 固定式ブレード
  • 照門: ラダー、タンジェント
prop-ja:title
prop-ja:type
prop-ja:variants
  • 四四式騎銃
  • 九七式狙撃銃
  • 九九式狙撃銃
  • 三八式
  • 三八式改狙撃銃
  • 三八式騎銃
  • 三十五年式
  • 三十年式
  • 三十年式騎銃
  • 九九式
  • 二式
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1898 (xsd:integer)
  • 1952 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 有坂銃(ありさかじゅう)とは、日本のボルトアクション方式の軍制式小銃の系列であり、それまでの村田銃系列の小銃を更新する為に1897年より製造が始まり、第二次世界大戦が終結する1945年まで製造された一連の小銃をさす。欧米圏ではアリサカ・ライフル (Arisaka rifle) とも呼ぶ。最も一般的な有坂銃は6.5×50mmセミリムドの三十八年式実包を用いる三八式歩兵銃及び、現代の.308ウインチェスター弾に匹敵する威力を持つ7.7×58mmリムレスの九九式実包を用いる九九式短小銃である。九九式及び他の多くの有坂銃の亜種は、ほとんどは連合国軍最高司令官総司令部の命令により廃棄処分されたが、何千挺かはアメリカ軍の兵士の手により戦地にて鹵獲され、戦利品として第二次大戦後にアメリカ合衆国へともたらされた。
rdfs:label
  • 有坂銃
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is foaf:primaryTopic of