Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 月面反射通信(げつめんはんしゃつうしん、英語: Earth-Moon-Earth, EME)とは、地上の各々の無線局が月にアンテナを向け電波を発射し、その反射を利用して行う通信である。反射する電波は微弱かつドップラー効果があり、かつ月も地球も自転・公転により移動するため、通信をしない電波天文学に比べ、大がかりな設備を必要とする。事業用通信としての実用性は無くアマチュア無線でのみ実施される。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 910801 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4595 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 85 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56692795 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 月面反射通信(げつめんはんしゃつうしん、英語: Earth-Moon-Earth, EME)とは、地上の各々の無線局が月にアンテナを向け電波を発射し、その反射を利用して行う通信である。反射する電波は微弱かつドップラー効果があり、かつ月も地球も自転・公転により移動するため、通信をしない電波天文学に比べ、大がかりな設備を必要とする。事業用通信としての実用性は無くアマチュア無線でのみ実施される。
rdfs:label
  • 月面反射通信
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of