Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『月澹荘綺譚』(げったんそうきたん)は、三島由紀夫の短編小説。三島がいくつか書いた怪談系統の作品の中の一つとしてみなされることもある。伊豆半島の岬にかつてあった月澹荘という別荘をめぐる40年前の奇怪な物語。夏の岬の自然を背景に、「見つめる目と愛の不能」、「意識と行為の絶対的な溝」という主題を描いている。1965年(昭和40年)、雑誌『文藝春秋』1月号に掲載された。単行本は同年7月30日に新潮社より刊行の『三熊野詣』に収録された。その後2000年(平成12年)、鳥影社の雑誌『季刊文科』11月号にも再掲載された。文庫版は新潮文庫の『岬にての物語』とちくま文庫の『雛の宿』に収録されている。
dbpedia-owl:author
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:literaryGenre
dbpedia-owl:publisher
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2759254 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6395 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 151 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58612089 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
prop-ja:genre
prop-ja:language
  • 日本語
prop-ja:portal
  • 文学
prop-ja:published
  • 1965 (xsd:integer)
prop-ja:publisher
prop-ja:title
  • 月澹荘綺譚
prop-ja:type
  • 雑誌掲載
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『月澹荘綺譚』(げったんそうきたん)は、三島由紀夫の短編小説。三島がいくつか書いた怪談系統の作品の中の一つとしてみなされることもある。伊豆半島の岬にかつてあった月澹荘という別荘をめぐる40年前の奇怪な物語。夏の岬の自然を背景に、「見つめる目と愛の不能」、「意識と行為の絶対的な溝」という主題を描いている。1965年(昭和40年)、雑誌『文藝春秋』1月号に掲載された。単行本は同年7月30日に新潮社より刊行の『三熊野詣』に収録された。その後2000年(平成12年)、鳥影社の雑誌『季刊文科』11月号にも再掲載された。文庫版は新潮文庫の『岬にての物語』とちくま文庫の『雛の宿』に収録されている。
rdfs:label
  • 月澹荘綺譚
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 月澹荘綺譚
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of