Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 曾我 時致(そが ときむね)は、鎌倉時代初期の武士。兄に曾我祐成。曾我五郎とも称される。3歳の時、実父・河津祐泰が安元2年(1176年)に一族の工藤祐経に暗殺され、その後、母の再嫁先である相模国曾我荘(現神奈川県小田原市)の領主・曾我祐信を養父として兄・祐成とともに養育され、曾我氏を称した。建久元年(1190年)9月7日、北条時政を烏帽子親として元服、その偏諱を賜って時致と名乗ったとされ、その後は時政の庇護の下にあったという。建久4年(1193年)富士の巻狩りが行われた際、兄祐成とともに父の敵工藤祐経を殺害し、兄は仁田忠常に討たれ、時致は将軍源頼朝の宿所を襲おうとしたが捕らえられた。翌日、頼朝の取調べを受けた際、仇討ちに至った心情を述べて頼朝は助命を考えたが、祐経の遺児・犬房丸(伊東祐時)の要望により処刑された。
dbpedia-owl:alias
  • 筥王(幼名)→時致
  • 通称:曾我五郎
dbpedia-owl:parent
dbpedia-owl:sibling
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 397654 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1660 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 54 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58289095 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:兄弟
prop-ja:別名
  • 通称:曾我五郎
prop-ja:墓所
  • 曾我五郎首塚(静岡県伊東市馬場町)
prop-ja:改名
  • 筥王(幼名)→時致
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --05-29
prop-ja:氏名
  • 曾我時致
prop-ja:氏族
prop-ja:父母
  • 父:河津祐泰 母:横山時重娘
  • 養父:曾我祐信
prop-ja:生誕
  • 承安4年(1174年)
prop-ja:画像
  • Estampe-p1000686.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 曾我 時致(そが ときむね)は、鎌倉時代初期の武士。兄に曾我祐成。曾我五郎とも称される。3歳の時、実父・河津祐泰が安元2年(1176年)に一族の工藤祐経に暗殺され、その後、母の再嫁先である相模国曾我荘(現神奈川県小田原市)の領主・曾我祐信を養父として兄・祐成とともに養育され、曾我氏を称した。建久元年(1190年)9月7日、北条時政を烏帽子親として元服、その偏諱を賜って時致と名乗ったとされ、その後は時政の庇護の下にあったという。建久4年(1193年)富士の巻狩りが行われた際、兄祐成とともに父の敵工藤祐経を殺害し、兄は仁田忠常に討たれ、時致は将軍源頼朝の宿所を襲おうとしたが捕らえられた。翌日、頼朝の取調べを受けた際、仇討ちに至った心情を述べて頼朝は助命を考えたが、祐経の遺児・犬房丸(伊東祐時)の要望により処刑された。
rdfs:label
  • 曾我時致
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 曾我時致
is dbpedia-owl:sibling of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:人物 of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of