Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 普選運動(ふせんうんどう)とは、近代日本において普通選挙の実現を求めた運動である。その端緒は明治時代中期(19世紀末)の「普通選挙期成同盟会」の結成に求められ、その後大正デモクラシーのもとで最高潮に達し、1925年(大正14年)の普通選挙法制定により終焉した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1023711 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 26481 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 640 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57244135 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 普選運動(ふせんうんどう)とは、近代日本において普通選挙の実現を求めた運動である。その端緒は明治時代中期(19世紀末)の「普通選挙期成同盟会」の結成に求められ、その後大正デモクラシーのもとで最高潮に達し、1925年(大正14年)の普通選挙法制定により終焉した。
rdfs:label
  • 普選運動
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:動機 of
is foaf:primaryTopic of