Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 普遍論争(ふへんろんそう)とは、スコラ哲学において「普遍は存在するか」という問いをめぐって争われた哲学上・神学上の論争の一つである。これと内容的に同じ議論が、古代から続いており、近代哲学や現代の哲学でも形を変えて問題となっている。「普遍概念」をめぐる論争として、中世の論争を特にこの名で呼ぶ。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 59409 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3081 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 60 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49932327 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 普遍論争(ふへんろんそう)とは、スコラ哲学において「普遍は存在するか」という問いをめぐって争われた哲学上・神学上の論争の一つである。これと内容的に同じ議論が、古代から続いており、近代哲学や現代の哲学でも形を変えて問題となっている。「普遍概念」をめぐる論争として、中世の論争を特にこの名で呼ぶ。
rdfs:label
  • 普遍論争
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of