普通話(ふつうわ/プゥトンホア)は、中華人民共和国において公用語として定められた中国語(標準中国語)。中国語の「普通」も日本語の「普通」と同じく「普(あまね)く通る」「広く通用する」「一般」を意味する語である。 北京語音を標準音とし、北方話を基礎方言とし、典型的な現代白話文の著作を文法規範とする。現代の普通話は中国の公用語とされる。1950年代から1960年代にかけて共産党と人民政府により、普通話の名称と簡体字、ピンインの採用などその内容を法律として定められ、各民族も普通話を学ぶことが推奨されている。中国語圏外の外国語教育における「中国語」は、一般的に普通話を指す。 中華民国(台湾)の公用語である国語とは基本的に同一の言語とされるが、正書法(繁体字、注音符号)や規範的な発音・語彙に一部差異がある(国語を参照)。

Property Value
dbo:abstract
  • 普通話(ふつうわ/プゥトンホア)は、中華人民共和国において公用語として定められた中国語(標準中国語)。中国語の「普通」も日本語の「普通」と同じく「普(あまね)く通る」「広く通用する」「一般」を意味する語である。 北京語音を標準音とし、北方話を基礎方言とし、典型的な現代白話文の著作を文法規範とする。現代の普通話は中国の公用語とされる。1950年代から1960年代にかけて共産党と人民政府により、普通話の名称と簡体字、ピンインの採用などその内容を法律として定められ、各民族も普通話を学ぶことが推奨されている。中国語圏外の外国語教育における「中国語」は、一般的に普通話を指す。 中華民国(台湾)の公用語である国語とは基本的に同一の言語とされるが、正書法(繁体字、注音符号)や規範的な発音・語彙に一部差異がある(国語を参照)。 (ja)
  • 普通話(ふつうわ/プゥトンホア)は、中華人民共和国において公用語として定められた中国語(標準中国語)。中国語の「普通」も日本語の「普通」と同じく「普(あまね)く通る」「広く通用する」「一般」を意味する語である。 北京語音を標準音とし、北方話を基礎方言とし、典型的な現代白話文の著作を文法規範とする。現代の普通話は中国の公用語とされる。1950年代から1960年代にかけて共産党と人民政府により、普通話の名称と簡体字、ピンインの採用などその内容を法律として定められ、各民族も普通話を学ぶことが推奨されている。中国語圏外の外国語教育における「中国語」は、一般的に普通話を指す。 中華民国(台湾)の公用語である国語とは基本的に同一の言語とされるが、正書法(繁体字、注音符号)や規範的な発音・語彙に一部差異がある(国語を参照)。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 260279 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 20510 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80247564 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ひらがな
  • ふつうわ (ja)
  • ふつうわ (ja)
prop-ja:タイトル
  • 普通話 (ja)
  • 普通話 (ja)
prop-ja:ピン音
  • Pǔtōnghuà (ja)
  • Pǔtōnghuà (ja)
prop-ja:発音
  • プゥトンホア (ja)
  • プゥトンホア (ja)
prop-ja:簡体字
  • 普通话 (ja)
  • 普通话 (ja)
prop-ja:繁体字
  • 普通話 (ja)
  • 普通話 (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • 普通話(ふつうわ/プゥトンホア)は、中華人民共和国において公用語として定められた中国語(標準中国語)。中国語の「普通」も日本語の「普通」と同じく「普(あまね)く通る」「広く通用する」「一般」を意味する語である。 北京語音を標準音とし、北方話を基礎方言とし、典型的な現代白話文の著作を文法規範とする。現代の普通話は中国の公用語とされる。1950年代から1960年代にかけて共産党と人民政府により、普通話の名称と簡体字、ピンインの採用などその内容を法律として定められ、各民族も普通話を学ぶことが推奨されている。中国語圏外の外国語教育における「中国語」は、一般的に普通話を指す。 中華民国(台湾)の公用語である国語とは基本的に同一の言語とされるが、正書法(繁体字、注音符号)や規範的な発音・語彙に一部差異がある(国語を参照)。 (ja)
  • 普通話(ふつうわ/プゥトンホア)は、中華人民共和国において公用語として定められた中国語(標準中国語)。中国語の「普通」も日本語の「普通」と同じく「普(あまね)く通る」「広く通用する」「一般」を意味する語である。 北京語音を標準音とし、北方話を基礎方言とし、典型的な現代白話文の著作を文法規範とする。現代の普通話は中国の公用語とされる。1950年代から1960年代にかけて共産党と人民政府により、普通話の名称と簡体字、ピンインの採用などその内容を法律として定められ、各民族も普通話を学ぶことが推奨されている。中国語圏外の外国語教育における「中国語」は、一般的に普通話を指す。 中華民国(台湾)の公用語である国語とは基本的に同一の言語とされるが、正書法(繁体字、注音符号)や規範的な発音・語彙に一部差異がある(国語を参照)。 (ja)
rdfs:label
  • 普通話 (ja)
  • 普通話 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:language of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:language of
is prop-ja:languages of
is prop-ja:primaryLanguages of
is prop-ja:公用語 of
is prop-ja:発音 of
is prop-ja:言語 of
is prop-ja:音声 of
is foaf:primaryTopic of