Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 普寂(ふじゃく、諡号:大照禅師、別名:華厳尊者、651年(永徽2年) - 739年(開元27年))は中国の禅宗の僧侶であり、神秀を継いで北宗の第二祖となる。俗姓は馮氏、蒲州河東に生まれ、法華、唯識、律を学び、のち禅宗に転向し、荊州玉泉寺の神秀に師事する。中宗により、神秀の後を継いで両京の法主、三帝の国師に充てられる。法嗣は宏正(弘正)であるが、その他の弟子に最澄の師匠筋に当たる道璿ら多数がいる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 337033 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1146 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 54 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58087832 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名前
  • 普寂
prop-ja:宗派
  • 禅宗北宗
prop-ja:寺院
  • 興唐寺
prop-ja:尊称
  • 華厳尊者、両京法主、三帝国師
prop-ja:
prop-ja:弟子
prop-ja:生地
  • 蒲州河東
prop-ja:生没年
  • 651 (xsd:integer)
prop-ja:諡号
  • 大照禅師
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 普寂(ふじゃく、諡号:大照禅師、別名:華厳尊者、651年(永徽2年) - 739年(開元27年))は中国の禅宗の僧侶であり、神秀を継いで北宗の第二祖となる。俗姓は馮氏、蒲州河東に生まれ、法華、唯識、律を学び、のち禅宗に転向し、荊州玉泉寺の神秀に師事する。中宗により、神秀の後を継いで両京の法主、三帝の国師に充てられる。法嗣は宏正(弘正)であるが、その他の弟子に最澄の師匠筋に当たる道璿ら多数がいる。
rdfs:label
  • 普寂
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is prop-ja:弟子 of
is foaf:primaryTopic of