Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 晩産化(ばんさんか)とは現代の日本で起きている社会の変化であり、女性の出産する年齢が高くなっていくということ。たとえば2009年の東京都による調査によると、30代後半で出産した人数が20代後半で出産した人数を上回っているとのこと。これは東京都だけでなく全国の都道府県の多くで見られる出来事であり、約半数の都道府県は30代前半の方が20代後半よりも出生率が高くなっている。これは昔ならば高齢出産とされていたような事柄が現代では常態化しているということである。晩産化が起きている要因としては、夫の収入が少なくてそれが子育てをするのには厳しい状態であったり、社会問題ともなっている保育所の不足や、女性は以前よりも仕事をすることへの意識の高まっているなどといった様々な事柄が存在している。また、晩産化や高齢出産の増加に伴って卵子の老化や不妊症などの問題が、取り上げられるようになっている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2892024 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1109 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55080220 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 晩産化(ばんさんか)とは現代の日本で起きている社会の変化であり、女性の出産する年齢が高くなっていくということ。たとえば2009年の東京都による調査によると、30代後半で出産した人数が20代後半で出産した人数を上回っているとのこと。これは東京都だけでなく全国の都道府県の多くで見られる出来事であり、約半数の都道府県は30代前半の方が20代後半よりも出生率が高くなっている。これは昔ならば高齢出産とされていたような事柄が現代では常態化しているということである。晩産化が起きている要因としては、夫の収入が少なくてそれが子育てをするのには厳しい状態であったり、社会問題ともなっている保育所の不足や、女性は以前よりも仕事をすることへの意識の高まっているなどといった様々な事柄が存在している。また、晩産化や高齢出産の増加に伴って卵子の老化や不妊症などの問題が、取り上げられるようになっている。
rdfs:label
  • 晩産化
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of