Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 昼間点灯(ちゅうかんてんとう)とは、昼間の明るいうちから車両の前照灯等を点灯させることで、英語では Daytime Running Lamps(略してDRL。Daylight Running Lamps や Daytime Running Lightsと表記することもある)と呼ばれている。デイライト、デーライトともいう。自動車用としては1970年代から被視認性を高めて交通事故防止に繋がるとして世界中で研究が始まり、スウェーデンをはじめとするスカンディナヴィア諸国から世界に広まっている。日本では東海道新幹線が1964年の開業以来実施しており、鉄道、緊急自動車、事業用自動車、オートバイ以外では一般的ではなかったが、2000年代に入った頃からLEDの昼間点灯用ライト(後述)の販売開始に伴い、ドレスアップ目的なども含め、普及が進んでいる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 585323 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8292 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 178 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58671112 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 昼間点灯(ちゅうかんてんとう)とは、昼間の明るいうちから車両の前照灯等を点灯させることで、英語では Daytime Running Lamps(略してDRL。Daylight Running Lamps や Daytime Running Lightsと表記することもある)と呼ばれている。デイライト、デーライトともいう。自動車用としては1970年代から被視認性を高めて交通事故防止に繋がるとして世界中で研究が始まり、スウェーデンをはじめとするスカンディナヴィア諸国から世界に広まっている。日本では東海道新幹線が1964年の開業以来実施しており、鉄道、緊急自動車、事業用自動車、オートバイ以外では一般的ではなかったが、2000年代に入った頃からLEDの昼間点灯用ライト(後述)の販売開始に伴い、ドレスアップ目的なども含め、普及が進んでいる。
rdfs:label
  • 昼間点灯
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of