Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 星間雲(せいかんうん)はわれわれの銀河系内や銀河系外星雲(小宇宙、外宇宙ともいう)にみられるガス・プラズマ・ダスト(塵)のあつまりを総称したものである。別の言い方をすれば、星間雲とは星間領域において星間物質の密度が周囲より高い領域のことである。水素を例に取ると、雲の濃度・大きさ・温度および他の天体からの電磁波などにより星間雲中の水素は中性(または基底状態)のH I領域(原子雲)、イオン状態(または励起状態)のHII領域(プラズマ雲)、分子状態(分子雲)になる。またその密度の違いにより低密度雲、高密度雲に分けられる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1179963 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1811 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 38 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58999599 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 星間雲(せいかんうん)はわれわれの銀河系内や銀河系外星雲(小宇宙、外宇宙ともいう)にみられるガス・プラズマ・ダスト(塵)のあつまりを総称したものである。別の言い方をすれば、星間雲とは星間領域において星間物質の密度が周囲より高い領域のことである。水素を例に取ると、雲の濃度・大きさ・温度および他の天体からの電磁波などにより星間雲中の水素は中性(または基底状態)のH I領域(原子雲)、イオン状態(または励起状態)のHII領域(プラズマ雲)、分子状態(分子雲)になる。またその密度の違いにより低密度雲、高密度雲に分けられる。
rdfs:label
  • 星間雲
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of