Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『易経』(えききょう、正字体:易經、拼音: Yì Jīng)は、古代中国の占筮(細い竹を使用する占い)の書物。符号を用いて状態の変遷、変化の予測を体系化した古典である。中心思想は、陰陽二つの元素の対立と統合により、森羅万象の変化法則を説く。著者は伏羲とされている。中国では『黄帝内經』・『山海經』と合わせて「上古三大奇書」とも呼ぶ。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1806 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13035 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 268 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58775161 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『易経』(えききょう、正字体:易經、拼音: Yì Jīng)は、古代中国の占筮(細い竹を使用する占い)の書物。符号を用いて状態の変遷、変化の予測を体系化した古典である。中心思想は、陰陽二つの元素の対立と統合により、森羅万象の変化法則を説く。著者は伏羲とされている。中国では『黄帝内經』・『山海經』と合わせて「上古三大奇書」とも呼ぶ。
rdfs:label
  • 易経
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influences of
is foaf:primaryTopic of