Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 明石電車区(あかしでんしゃく)は、兵庫県明石市にある西日本旅客鉄道(JR西日本)の乗務員区所である。かつては車両基地として車両が配置されていたが、現在その機能は網干総合車両所明石品質管理センターに移されている。1937年10月10日の東海道本線京都駅 - 吹田駅間の電化開業に伴い、京阪神緩行線の運転区間が拡大され、運用車両も増加したことから、先に開設されていた明石操車場の一角に、1937年(昭和12年)8月10日付で宮原電車区(現在の網干総合車両所宮原支所)に続く電車区として開設された。本稿では、明石電車区の記述を中心に、隣接する敷地にあった明石操車場及び明石機関区についても併せて紹介する。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 124656 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6610 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 136 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56343928 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2012 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 鉄J西在近
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 明石電車区(あかしでんしゃく)は、兵庫県明石市にある西日本旅客鉄道(JR西日本)の乗務員区所である。かつては車両基地として車両が配置されていたが、現在その機能は網干総合車両所明石品質管理センターに移されている。1937年10月10日の東海道本線京都駅 - 吹田駅間の電化開業に伴い、京阪神緩行線の運転区間が拡大され、運用車両も増加したことから、先に開設されていた明石操車場の一角に、1937年(昭和12年)8月10日付で宮原電車区(現在の網干総合車両所宮原支所)に続く電車区として開設された。本稿では、明石電車区の記述を中心に、隣接する敷地にあった明石操車場及び明石機関区についても併せて紹介する。
rdfs:label
  • 明石電車区
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of