Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 明治大学法学部大量留年事件(めいじだいがくほうがくぶたいりょうりゅうねんじけん)は、1991年3月に明治大学法学部法律学科において、100名を超える学生が必修科目の1つである債権法の単位未履修のみを理由として留年した事件である。この出来事は社会的な注目を集めることとなり、債権法を担当していた新美育文の採点は厳格とも無情とも評された。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2279644 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4136 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58238597 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 明治大学法学部大量留年事件(めいじだいがくほうがくぶたいりょうりゅうねんじけん)は、1991年3月に明治大学法学部法律学科において、100名を超える学生が必修科目の1つである債権法の単位未履修のみを理由として留年した事件である。この出来事は社会的な注目を集めることとなり、債権法を担当していた新美育文の採点は厳格とも無情とも評された。
rdfs:label
  • 明治大学法学部大量留年事件
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of