Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 明暗境界線(めいあんきょうかいせん、Terminator)とは、惑星において、光の当たっている昼の側と暗い夜の側の間にある線のことである。太陽からの接線との交点の軌跡として定義される。明るくなっている半分の場所は、惑星自体の自転と恒星の周りの公転によって、1日の中で時間によって変化する。また季節も明暗境界線に大きな影響を与える。自転する惑星の基準系では、明暗境界線は日の出の地点と日の入りの地点である。明暗境界線を調べることで、その惑星の表面の状態について情報を得ることができる。例えば、線がぼやけていればそれは大気の存在を意味する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1264931 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1053 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 27 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54014561 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 明暗境界線(めいあんきょうかいせん、Terminator)とは、惑星において、光の当たっている昼の側と暗い夜の側の間にある線のことである。太陽からの接線との交点の軌跡として定義される。明るくなっている半分の場所は、惑星自体の自転と恒星の周りの公転によって、1日の中で時間によって変化する。また季節も明暗境界線に大きな影響を与える。自転する惑星の基準系では、明暗境界線は日の出の地点と日の入りの地点である。明暗境界線を調べることで、その惑星の表面の状態について情報を得ることができる。例えば、線がぼやけていればそれは大気の存在を意味する。
rdfs:label
  • 明暗境界線
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of