Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 明徳の和約(めいとくのわやく)は、明徳3年/元中9年に南朝(大覚寺統)と北朝(持明院統)間で結ばれた和議と皇位継承について結ばれた協定。明徳の和談、元中一統とも。この和約に従って同年閏10月5日(ユリウス暦1392年11月19日)、南朝の後亀山天皇が吉野から京都に帰還して、北朝の後小松天皇に三種の神器を譲って退位して南北朝の合一が図られた。これによって、建武3年(1336年)以来の朝廷の分裂状態が終了した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 216677 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2334 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 74 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56982768 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 明徳の和約(めいとくのわやく)は、明徳3年/元中9年に南朝(大覚寺統)と北朝(持明院統)間で結ばれた和議と皇位継承について結ばれた協定。明徳の和談、元中一統とも。この和約に従って同年閏10月5日(ユリウス暦1392年11月19日)、南朝の後亀山天皇が吉野から京都に帰還して、北朝の後小松天皇に三種の神器を譲って退位して南北朝の合一が図られた。これによって、建武3年(1336年)以来の朝廷の分裂状態が終了した。
rdfs:label
  • 明徳の和約
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of