昆虫(こんちゅう、insect)は、六脚亜門の昆虫綱(学名: Insecta)に分類される節足動物の総称である。昆虫類とも総称されるが、これを昆虫と内顎類を含んだ六脚類の意味で使うこともある。なお、かつては全ての六脚類を昆虫に含めていたが、分類体系が見直され、現在は内顎類(内顎綱)の分類群(トビムシ、カマアシムシ、コムシ)が除外される。この項ではこれらにも触れてある。 昆虫は多様な節足動物の中でも、特に陸上で進化したグループである。ほとんどの種は陸上で生活し、淡水中に棲息するものは若干、海中で棲息する種は例外的である。水中で生活する昆虫は水生昆虫(水棲昆虫)とよばれ、陸上で進化した祖先から二次的に水中生活に適応したものと考えられている。 世界の様々な気候、環境に適応しており、種多様性が非常に高い。日本の国立科学博物館によれば、2018年時点で知られている昆虫は約100万種で、確認されている生物種の半分以上を占める。未発見・未分類の昆虫も多いと推測されている。 単に「虫」として一般に知られる動物群であるが、これは昆虫を専門に指す名称ではなく、ダンゴムシ・クモ・ムカデ・ミミズなど昆虫以外の多くの小動物をも含んだ雑多な総称である。

Property Value
dbo:abstract
  • 昆虫(こんちゅう、insect)は、六脚亜門の昆虫綱(学名: Insecta)に分類される節足動物の総称である。昆虫類とも総称されるが、これを昆虫と内顎類を含んだ六脚類の意味で使うこともある。なお、かつては全ての六脚類を昆虫に含めていたが、分類体系が見直され、現在は内顎類(内顎綱)の分類群(トビムシ、カマアシムシ、コムシ)が除外される。この項ではこれらにも触れてある。 昆虫は多様な節足動物の中でも、特に陸上で進化したグループである。ほとんどの種は陸上で生活し、淡水中に棲息するものは若干、海中で棲息する種は例外的である。水中で生活する昆虫は水生昆虫(水棲昆虫)とよばれ、陸上で進化した祖先から二次的に水中生活に適応したものと考えられている。 世界の様々な気候、環境に適応しており、種多様性が非常に高い。日本の国立科学博物館によれば、2018年時点で知られている昆虫は約100万種で、確認されている生物種の半分以上を占める。未発見・未分類の昆虫も多いと推測されている。 単に「虫」として一般に知られる動物群であるが、これは昆虫を専門に指す名称ではなく、ダンゴムシ・クモ・ムカデ・ミミズなど昆虫以外の多くの小動物をも含んだ雑多な総称である。 (ja)
  • 昆虫(こんちゅう、insect)は、六脚亜門の昆虫綱(学名: Insecta)に分類される節足動物の総称である。昆虫類とも総称されるが、これを昆虫と内顎類を含んだ六脚類の意味で使うこともある。なお、かつては全ての六脚類を昆虫に含めていたが、分類体系が見直され、現在は内顎類(内顎綱)の分類群(トビムシ、カマアシムシ、コムシ)が除外される。この項ではこれらにも触れてある。 昆虫は多様な節足動物の中でも、特に陸上で進化したグループである。ほとんどの種は陸上で生活し、淡水中に棲息するものは若干、海中で棲息する種は例外的である。水中で生活する昆虫は水生昆虫(水棲昆虫)とよばれ、陸上で進化した祖先から二次的に水中生活に適応したものと考えられている。 世界の様々な気候、環境に適応しており、種多様性が非常に高い。日本の国立科学博物館によれば、2018年時点で知られている昆虫は約100万種で、確認されている生物種の半分以上を占める。未発見・未分類の昆虫も多いと推測されている。 単に「虫」として一般に知られる動物群であるが、これは昆虫を専門に指す名称ではなく、ダンゴムシ・クモ・ムカデ・ミミズなど昆虫以外の多くの小動物をも含んだ雑多な総称である。 (ja)
dbo:colour
dbo:colourName
  • 動物界 (ja)
  • 動物界 (ja)
dbo:division
dbo:kingdom
dbo:phylum
dbo:synonym
  • *
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 14362 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 28558 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81522307 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • right (ja)
  • right (ja)
prop-ja:caption
  • 汎甲殻類説 (ja)
  • 無角類説 (ja)
  • 汎甲殻類説 (ja)
  • 無角類説 (ja)
prop-ja:date
  • --07-05
prop-ja:fossilRange
  • デボン紀前期–現世 (ja)
  • デボン紀前期–現世 (ja)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:シノニム
  • * (ja)
  • * (ja)
prop-ja:下位分類
  • 伝統的分類 * 無翅亜綱 * 有翅亜綱 系統分類 * 単関節丘亜綱 * 双関節丘亜綱 (ja)
  • 伝統的分類 * 無翅亜綱 * 有翅亜綱 系統分類 * 単関節丘亜綱 * 双関節丘亜綱 (ja)
prop-ja:下位分類名
prop-ja:亜門
  • 六脚亜門 Hexapoda (ja)
  • 六脚亜門 Hexapoda (ja)
prop-ja:名称
  • 昆虫 (ja)
  • 昆虫 (ja)
prop-ja:地質時代
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • 様々な昆虫 (ja)
  • 左上:オドリバエの1種 Empis livida、左中:サシガメの1種、左下:ガの1種 Opodiphthera eucalypti、右上:ゾウムシの1種 Rhinotia hemistictus)、右中:ケラの一種 Gryllotalpa brachyptera、右下:ヨーロッパクロスズメバチ Vespula germanica (ja)
  • 様々な昆虫 (ja)
  • 左上:オドリバエの1種 Empis livida、左中:サシガメの1種、左下:ガの1種 Opodiphthera eucalypti、右上:ゾウムシの1種 Rhinotia hemistictus)、右中:ケラの一種 Gryllotalpa brachyptera、右下:ヨーロッパクロスズメバチ Vespula germanica (ja)
prop-ja:
  • 動物界 Animalia (ja)
  • 動物界 Animalia (ja)
prop-ja:
  • 昆虫綱 (ja)
  • 昆虫綱 (ja)
prop-ja:
  • 動物界 (ja)
  • 動物界 (ja)
prop-ja:英名
  • insect (ja)
  • insect (ja)
prop-ja:
  • 節足動物門 Arthropoda (ja)
  • 節足動物門 Arthropoda (ja)
prop-ja:門階級なし
  • 汎甲殻類 Pancrustacea (ja)
  • 大顎類 Mandibulata (ja)
  • 汎甲殻類 Pancrustacea (ja)
  • 大顎類 Mandibulata (ja)
dc:description
  • 左上:オドリバエの1種 Empis livida、左中:サシガメの1種、左下:ガの1種 Opodiphthera eucalypti、右上:ゾウムシの1種 Rhinotia hemistictus)、右中:ケラの一種 Gryllotalpa brachyptera、右下:ヨーロッパクロスズメバチVespula germanica
  • 様々な昆虫
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 昆虫(こんちゅう、insect)は、六脚亜門の昆虫綱(学名: Insecta)に分類される節足動物の総称である。昆虫類とも総称されるが、これを昆虫と内顎類を含んだ六脚類の意味で使うこともある。なお、かつては全ての六脚類を昆虫に含めていたが、分類体系が見直され、現在は内顎類(内顎綱)の分類群(トビムシ、カマアシムシ、コムシ)が除外される。この項ではこれらにも触れてある。 昆虫は多様な節足動物の中でも、特に陸上で進化したグループである。ほとんどの種は陸上で生活し、淡水中に棲息するものは若干、海中で棲息する種は例外的である。水中で生活する昆虫は水生昆虫(水棲昆虫)とよばれ、陸上で進化した祖先から二次的に水中生活に適応したものと考えられている。 世界の様々な気候、環境に適応しており、種多様性が非常に高い。日本の国立科学博物館によれば、2018年時点で知られている昆虫は約100万種で、確認されている生物種の半分以上を占める。未発見・未分類の昆虫も多いと推測されている。 単に「虫」として一般に知られる動物群であるが、これは昆虫を専門に指す名称ではなく、ダンゴムシ・クモ・ムカデ・ミミズなど昆虫以外の多くの小動物をも含んだ雑多な総称である。 (ja)
  • 昆虫(こんちゅう、insect)は、六脚亜門の昆虫綱(学名: Insecta)に分類される節足動物の総称である。昆虫類とも総称されるが、これを昆虫と内顎類を含んだ六脚類の意味で使うこともある。なお、かつては全ての六脚類を昆虫に含めていたが、分類体系が見直され、現在は内顎類(内顎綱)の分類群(トビムシ、カマアシムシ、コムシ)が除外される。この項ではこれらにも触れてある。 昆虫は多様な節足動物の中でも、特に陸上で進化したグループである。ほとんどの種は陸上で生活し、淡水中に棲息するものは若干、海中で棲息する種は例外的である。水中で生活する昆虫は水生昆虫(水棲昆虫)とよばれ、陸上で進化した祖先から二次的に水中生活に適応したものと考えられている。 世界の様々な気候、環境に適応しており、種多様性が非常に高い。日本の国立科学博物館によれば、2018年時点で知られている昆虫は約100万種で、確認されている生物種の半分以上を占める。未発見・未分類の昆虫も多いと推測されている。 単に「虫」として一般に知られる動物群であるが、これは昆虫を専門に指す名称ではなく、ダンゴムシ・クモ・ムカデ・ミミズなど昆虫以外の多くの小動物をも含んだ雑多な総称である。 (ja)
rdfs:label
  • 昆虫 (ja)
  • 昆虫 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 昆虫 (ja)
  • insect (ja)
  • 昆虫 (ja)
  • insect (ja)
is dbo:class of
is dbo:genre of
is dbo:type of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:shortsummary of
is prop-ja:ジャンル of
is prop-ja:嫌いなもの of
is prop-ja:専門分野 of
is prop-ja: of
is dct:subject of
is foaf:primaryTopic of