Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 日野 輝資(ひの てるすけ、弘治元年(1555年) - 元和9年閏8月2日(1623年9月26日))は、戦国時代から江戸時代初期にかけての公家。正二位権大納言。もともとは広橋家の出身であり、初名は広橋 兼保(ひろはし かねやす)または兼潔(かねきよ、別名)といったが、のちに本家筋の日野家を継いでその第28代当主となる。法号より日野 唯心(ひの ゆいしん)とも呼ばれる。父は広橋国光、母は高倉永家の娘。妻は津守国繁の娘。子に資勝、英彦山座主となった忠有、輝子。養子に外孫の資栄、養女は小笠原貞慶の妻(高畠長成の娘)。天文24年(1555年)、日野家では晴光が薨去したものの嗣子・晴資は早世してしまっており、後を継ぐべき子がいなかった。そのため、飛鳥井雅綱の子・資堯を擁する三好長慶と広橋国光の子・兼保を擁する将軍・足利義輝との間で争いが生じた。日野流の柳原資定・広橋兼秀(兼保(輝資)の祖父)の賛同を得た義輝の意見が通り、永禄2年(1559年)4月23日に正親町天皇の承認によって広橋兼保の日野家相続が決定され、直ちに侍従に任ぜられて日野家当主(嫡子)の慣例どおり将軍家の一字(将軍義輝から「輝」の字)を与えられて日野輝資と改名した(実家の広橋家は弟の広橋兼勝が代わって相続した)。天正2年3月26日(1574年)、正親町天皇の勅使として、飛鳥井雅清(雅綱改め)と共に織田信長の下に訪れ、蘭奢待切り取りの勅許の旨を伝えた。天正4年2月1日(1576年)、烏丸光宣・広橋兼勝らと共に山科言継・言経に同行し、村井貞勝を訪問した。慶長7年1月7日(1602年)、近衛家との論争により京都を出奔する。2ヵ月後、徳川家康の取り計らいにより京都に戻る。慶長12年(1607年)5月、輝子の死去をきっかけにして、出家して唯心院と号した。以後、江戸や駿府において徳川家康・秀忠父子に仕えて、近江国蒲生郡内において1,030石を与えられた。家康側近の僧侶としては以心崇伝・天海に次ぐ地位にあったとされている。禁中並公家諸法度の編纂にも加わり、その正本は唯心によると言われている。元和9年(1623年)、秀忠の上洛に従い京都に戻り、薨去した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 503944 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1610 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 77 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55681442 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 日野 輝資(ひの てるすけ、弘治元年(1555年) - 元和9年閏8月2日(1623年9月26日))は、戦国時代から江戸時代初期にかけての公家。正二位権大納言。もともとは広橋家の出身であり、初名は広橋 兼保(ひろはし かねやす)または兼潔(かねきよ、別名)といったが、のちに本家筋の日野家を継いでその第28代当主となる。法号より日野 唯心(ひの ゆいしん)とも呼ばれる。父は広橋国光、母は高倉永家の娘。妻は津守国繁の娘。子に資勝、英彦山座主となった忠有、輝子。養子に外孫の資栄、養女は小笠原貞慶の妻(高畠長成の娘)。天文24年(1555年)、日野家では晴光が薨去したものの嗣子・晴資は早世してしまっており、後を継ぐべき子がいなかった。そのため、飛鳥井雅綱の子・資堯を擁する三好長慶と広橋国光の子・兼保を擁する将軍・足利義輝との間で争いが生じた。日野流の柳原資定・広橋兼秀(兼保(輝資)の祖父)の賛同を得た義輝の意見が通り、永禄2年(1559年)4月23日に正親町天皇の承認によって広橋兼保の日野家相続が決定され、直ちに侍従に任ぜられて日野家当主(嫡子)の慣例どおり将軍家の一字(将軍義輝から「輝」の字)を与えられて日野輝資と改名した(実家の広橋家は弟の広橋兼勝が代わって相続した)。天正2年3月26日(1574年)、正親町天皇の勅使として、飛鳥井雅清(雅綱改め)と共に織田信長の下に訪れ、蘭奢待切り取りの勅許の旨を伝えた。天正4年2月1日(1576年)、烏丸光宣・広橋兼勝らと共に山科言継・言経に同行し、村井貞勝を訪問した。慶長7年1月7日(1602年)、近衛家との論争により京都を出奔する。2ヵ月後、徳川家康の取り計らいにより京都に戻る。慶長12年(1607年)5月、輝子の死去をきっかけにして、出家して唯心院と号した。以後、江戸や駿府において徳川家康・秀忠父子に仕えて、近江国蒲生郡内において1,030石を与えられた。家康側近の僧侶としては以心崇伝・天海に次ぐ地位にあったとされている。禁中並公家諸法度の編纂にも加わり、その正本は唯心によると言われている。元和9年(1623年)、秀忠の上洛に従い京都に戻り、薨去した。
rdfs:label
  • 日野輝資
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:parent of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:人物 of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of