Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 日野 資枝(ひの すけき、元文2年11月1日(1737年11月22日) - 享和元年10月10日(1801年11月15日))は江戸時代の公家。日野家36代当主。烏丸光栄の末子で日野資時の跡を継ぐ。資矩、北小路祥光、娘(錦小路頼尚室)の父。室は広橋勝胤の娘。後桜町天皇に子である資矩とともに和歌をもって仕えた。優れた歌人であり、同族の藤原貞幹や番頭・土肥経平や塙保己一らに和歌を伝授した。『和歌秘説』を著している。また、画才にも優れており、第一の文化人として著名である。『日野資枝百首』なる日野資枝の詠んだ和歌100選の本がある。本居宣長に金銭援助もしたことがある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 438233 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 647 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49465804 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 日野 資枝(ひの すけき、元文2年11月1日(1737年11月22日) - 享和元年10月10日(1801年11月15日))は江戸時代の公家。日野家36代当主。烏丸光栄の末子で日野資時の跡を継ぐ。資矩、北小路祥光、娘(錦小路頼尚室)の父。室は広橋勝胤の娘。後桜町天皇に子である資矩とともに和歌をもって仕えた。優れた歌人であり、同族の藤原貞幹や番頭・土肥経平や塙保己一らに和歌を伝授した。『和歌秘説』を著している。また、画才にも優れており、第一の文化人として著名である。『日野資枝百首』なる日野資枝の詠んだ和歌100選の本がある。本居宣長に金銭援助もしたことがある。
rdfs:label
  • 日野資枝
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of