Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 日野 資施(ひの すけもち、明和4年(1767年) - 文政元年4月17日(1818年5月21日))は、江戸時代の人物。高家旗本。高家旗本畠山義紀の次男。吉良義央の曾孫にあたる。通称は多吉郎、玄蕃。官位は従五位下侍従、伊予守。1530石を知行していた高家旗本日野資直の養子となる。天明7年(1787年)12月23日将軍徳川家斉に御目見する。寛政4年(1792年)8月3日家督を相続した。享和2年(1802年)12月20日高家に就任し、従五位下侍従・伊予守に叙任する。文化4年(1807年)3月28日高家を辞任する。文政元年(1818年)4月17日死去、享年52。なお、根岸鎮衛の著書『耳袋』には資施の体験談として、重病で臥していた家来の住居の前で火の玉(人魂)を見付けたところ、ほどなくその家来が死去したという話が収録されている。正妻は資直の娘。継室は神保喜内の姉。一男四女あり。長男資盈の早世により、嫡孫資邦が家督を相続した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 535068 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 825 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 37 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 41768092 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 日野 資施(ひの すけもち、明和4年(1767年) - 文政元年4月17日(1818年5月21日))は、江戸時代の人物。高家旗本。高家旗本畠山義紀の次男。吉良義央の曾孫にあたる。通称は多吉郎、玄蕃。官位は従五位下侍従、伊予守。1530石を知行していた高家旗本日野資直の養子となる。天明7年(1787年)12月23日将軍徳川家斉に御目見する。寛政4年(1792年)8月3日家督を相続した。享和2年(1802年)12月20日高家に就任し、従五位下侍従・伊予守に叙任する。文化4年(1807年)3月28日高家を辞任する。文政元年(1818年)4月17日死去、享年52。なお、根岸鎮衛の著書『耳袋』には資施の体験談として、重病で臥していた家来の住居の前で火の玉(人魂)を見付けたところ、ほどなくその家来が死去したという話が収録されている。正妻は資直の娘。継室は神保喜内の姉。一男四女あり。長男資盈の早世により、嫡孫資邦が家督を相続した。
rdfs:label
  • 日野資施
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of