Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • VRH35は、日産自動車がル・マン24時間レースでの総合優勝やグループC規定で行われていた世界スポーツプロトタイプカー選手権(WSPC)や全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)での制覇を狙って、1989年に林義正らによって新開発された自動車レース専用のガソリンエンジンである。1990年には、排気量の変更やいくつかの改良を施してVRH35Zへと進化し、日産の1990年ル・マン24時間ポールポジション獲得に貢献した。このときのエンジン出力は1,200馬力以上(ベンチで測定ができないほどの馬力で、燃料の消費量から計算して、理論上これぐらい出ているという話)とも言われた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 408525 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7473 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 103 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58952439 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • VRH35は、日産自動車がル・マン24時間レースでの総合優勝やグループC規定で行われていた世界スポーツプロトタイプカー選手権(WSPC)や全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)での制覇を狙って、1989年に林義正らによって新開発された自動車レース専用のガソリンエンジンである。1990年には、排気量の変更やいくつかの改良を施してVRH35Zへと進化し、日産の1990年ル・マン24時間ポールポジション獲得に貢献した。このときのエンジン出力は1,200馬力以上(ベンチで測定ができないほどの馬力で、燃料の消費量から計算して、理論上これぐらい出ているという話)とも言われた。
rdfs:label
  • 日産・VRH35
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:エンジン of
is foaf:primaryTopic of