Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 日澄日澄 (大乗坊)。鎌倉時代中期から後期における比企谷門流の僧。1239年 - 1326年。朗門の九老僧(朗門九鳳)の一人。阿闍梨号を大乗阿闍梨と称し、院を本成院と号する。(大乗阿闍梨の号から大乗坊と称されるが、大乗坊と本成院とが混合して本乗坊と称されることもあるが、この呼称は本来誤りである。)日澄 (寂仙房)。鎌倉時代中期から後期における富士門流の僧。1261年 - 1310年。日興の弟子で新六の一人。日澄 (本法寺) 。室町時代の日蓮宗の僧。日親の高弟で本法寺二世。1515年没。日澄 (一如房)。室町時代末期から戦国時代初期の六条門流の僧。1441年-1510年。「法華経啓運鈔」「日蓮上人註画讃」などを著す。 __DISAMBIG__
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2341789 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 445 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48646133 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
rdfs:comment
  • 日澄日澄 (大乗坊)。鎌倉時代中期から後期における比企谷門流の僧。1239年 - 1326年。朗門の九老僧(朗門九鳳)の一人。阿闍梨号を大乗阿闍梨と称し、院を本成院と号する。(大乗阿闍梨の号から大乗坊と称されるが、大乗坊と本成院とが混合して本乗坊と称されることもあるが、この呼称は本来誤りである。)日澄 (寂仙房)。鎌倉時代中期から後期における富士門流の僧。1261年 - 1310年。日興の弟子で新六の一人。日澄 (本法寺) 。室町時代の日蓮宗の僧。日親の高弟で本法寺二世。1515年没。日澄 (一如房)。室町時代末期から戦国時代初期の六条門流の僧。1441年-1510年。「法華経啓運鈔」「日蓮上人註画讃」などを著す。 __DISAMBIG__
rdfs:label
  • 日澄 (曖昧さ回避)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of