Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 日本自由党(にほんじゆうとう)は、1945年(昭和20年)から1948年(昭和23年)まで存在した政党。1945年(昭和20年)10月、旧立憲政友会(正統派)系の鳩山一郎、河野一郎、芦田均らを中心に、旧立憲民政党に属していた三木武吉らも参加して結党。直接の母体となったのは政党解消後に旧政友会正統派の翼賛政治に批判的な議員が中心となって結成した会派・同交会である。同交会は翼賛選挙で9名しか当選者を出せず1942年(昭和17年)5月に解散したが、その後も同志的結束を崩さず敗戦後直ちに自由党の結党に向かった。軍国主義の打破と民主的な責任ある政治体制の確立、自由経済による経済再建、思想・学問などの自由の保障による文化の振興を掲げた。1946年(昭和21年)、第22回衆議院議員総選挙で自由党が第1党となり、鳩山への大命降下(組閣指示)が確実であったが、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)より公職追放命令が出たため鳩山は吉田茂に後継総裁へ就任要請し吉田は受諾。吉田は一旦総務になり、第1党の代表として大命降下を受け5月22日内閣総理大臣に就任した。その後、三木武吉公職追放後は総務会長に、そして、8月の党大会で正式に総裁に就任した。日本国憲法制定後の最初の第23回衆議院議員総選挙では日本社会党に敗れて第2党に転落、下野した。
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:ideology
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1863026 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3517 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 72 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58893566 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:党名
  • 日本自由党
prop-ja:後継政党
prop-ja:成立年月日
  • 1945 (xsd:integer)
prop-ja:政治的思想・立場
prop-ja:解散年月日
  • 1948 (xsd:integer)
prop-ja:解散理由
  • 新党結党のため
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 日本自由党(にほんじゆうとう)は、1945年(昭和20年)から1948年(昭和23年)まで存在した政党。1945年(昭和20年)10月、旧立憲政友会(正統派)系の鳩山一郎、河野一郎、芦田均らを中心に、旧立憲民政党に属していた三木武吉らも参加して結党。直接の母体となったのは政党解消後に旧政友会正統派の翼賛政治に批判的な議員が中心となって結成した会派・同交会である。同交会は翼賛選挙で9名しか当選者を出せず1942年(昭和17年)5月に解散したが、その後も同志的結束を崩さず敗戦後直ちに自由党の結党に向かった。軍国主義の打破と民主的な責任ある政治体制の確立、自由経済による経済再建、思想・学問などの自由の保障による文化の振興を掲げた。1946年(昭和21年)、第22回衆議院議員総選挙で自由党が第1党となり、鳩山への大命降下(組閣指示)が確実であったが、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)より公職追放命令が出たため鳩山は吉田茂に後継総裁へ就任要請し吉田は受諾。吉田は一旦総務になり、第1党の代表として大命降下を受け5月22日内閣総理大臣に就任した。その後、三木武吉公職追放後は総務会長に、そして、8月の党大会で正式に総裁に就任した。日本国憲法制定後の最初の第23回衆議院議員総選挙では日本社会党に敗れて第2党に転落、下野した。
rdfs:label
  • 日本自由党 (1945-1948)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:party of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:2落選者所属 of
is prop-ja:title of
is prop-ja:公認政党 of
is prop-ja:前身政党 of
is prop-ja:当選者所属 of
is prop-ja:当選者推薦・支持 of
is prop-ja:後継政党 of
is prop-ja:所属政党 of
is foaf:primaryTopic of