Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 日本拳法(にっぽんけんぽう、にほんけんぽう)は、防具(面・胴・股当その他)とグローブを着用して殴打技、蹴り技、関節技を駆使して勝敗を競い合う競技武道。日拳(にっけん、にちけん)と略されたり、単純に拳法と呼ばれることがある。1932年(昭和7年)に柔道家で、空手家の摩文仁賢和に一時師事していた澤山宗海(さわやまむねおみ)により創始考案され、澤山が立ち上げた日本拳法会を基に複数の流派・団体が存在しており、ルールも各々で違いがある。後述のように創始当初から大学のサークル活動を中心に普及が進められ、ボクシング・キックボクシング等の格闘技にも多数の選手を輩出している。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 148801 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8703 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 128 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59157972 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主要技術
prop-ja:使用武器
  • 無し
prop-ja:別名
  • 日拳・拳法
prop-ja:創始者
  • 澤山宗海
prop-ja:派生種目
prop-ja:源流
prop-ja:発生年
  • 1932 (xsd:integer)
prop-ja:競技形式
prop-ja:読み
  • にっぽんけんぽう、にほんけんぽう
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 日本拳法(にっぽんけんぽう、にほんけんぽう)は、防具(面・胴・股当その他)とグローブを着用して殴打技、蹴り技、関節技を駆使して勝敗を競い合う競技武道。日拳(にっけん、にちけん)と略されたり、単純に拳法と呼ばれることがある。1932年(昭和7年)に柔道家で、空手家の摩文仁賢和に一時師事していた澤山宗海(さわやまむねおみ)により創始考案され、澤山が立ち上げた日本拳法会を基に複数の流派・団体が存在しており、ルールも各々で違いがある。後述のように創始当初から大学のサークル活動を中心に普及が進められ、ボクシング・キックボクシング等の格闘技にも多数の選手を輩出している。
rdfs:label
  • 日本拳法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:otherSportsExperience of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:style of
is prop-ja:スポーツ歴 of
is prop-ja:派生種目 of
is prop-ja:源流 of
is foaf:primaryTopic of