Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 日本年間最優秀選手賞(にほんねんかんさいゆうしゅうせんしゅしょう)は全国のサッカー担当記者の投票により選出されるプロ、学生、男女などを問わず、シーズンを通じて最も活躍したサッカー選手を対象とした賞である。「フットボーラー・オブ・ザ・イヤー」とも呼ばれる。1961年の日本蹴球協会(現在の日本サッカー協会)創立40周年を契機に同賞は誕生した。当初は関東、関西のサッカー担当記者35名によって選出されていたが、1968年のメキシコ五輪の年には114名、2000年には220名の記者が参加する等、参加する記者の人数も近年のサッカーブームや日本代表の活躍もあって増加傾向にあった。しかし2007年は199名と減少している。また1964年に杉山隆一、1966年に釜本邦茂の二名が学生として同賞を受賞している。2010年には本田圭佑が海外クラブ所属選手として、2011年には澤穂希が女性選手として初めて同賞を受賞している。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1191216 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4242 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 132 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58992611 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 日本年間最優秀選手賞(にほんねんかんさいゆうしゅうせんしゅしょう)は全国のサッカー担当記者の投票により選出されるプロ、学生、男女などを問わず、シーズンを通じて最も活躍したサッカー選手を対象とした賞である。「フットボーラー・オブ・ザ・イヤー」とも呼ばれる。1961年の日本蹴球協会(現在の日本サッカー協会)創立40周年を契機に同賞は誕生した。当初は関東、関西のサッカー担当記者35名によって選出されていたが、1968年のメキシコ五輪の年には114名、2000年には220名の記者が参加する等、参加する記者の人数も近年のサッカーブームや日本代表の活躍もあって増加傾向にあった。しかし2007年は199名と減少している。また1964年に杉山隆一、1966年に釜本邦茂の二名が学生として同賞を受賞している。2010年には本田圭佑が海外クラブ所属選手として、2011年には澤穂希が女性選手として初めて同賞を受賞している。
rdfs:label
  • 日本年間最優秀選手賞
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of