Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 日本・ASEAN包括的経済連携協定(にほん・アセアンほうかつてきけいざいれんけいきょうてい)とは、2007年5月に基本合意した日本と東南アジア諸国連合(ASEAN)との間の経済連携協定(EPA)をいう。日本では2008年12月1日から発効した。日本の経済産業省では、本協定が日本にもたらす効果として、GDPの約1.1兆-2兆円程度の増加、約15万-約26万人程度の雇用機会の創出を予測している。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1032894 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3365 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 66 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52631388 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:リンク
prop-ja:内容
  • 日本国および東南アジア諸国連合構成国の間の経済上の連携を図るため、物品およびサービスの貿易の自由化および円滑化を進め、投資の機会を増大させ、さらに経済的協力の増進に関する枠組みを設定する。
prop-ja:効力発生
  • --12-01
prop-ja:寄託者
prop-ja:画像
  • ASEAN members.png
prop-ja:画像キャプション
  • ASEAN全加盟国
prop-ja:番号
  • 平成20年条約第12号
prop-ja:署名
  • --03-26
  • --03-28
  • --03-31
  • --04-01
  • --04-02
  • --04-03
  • --04-04
  • --04-07
  • --04-10
  • --04-11
  • --04-14
prop-ja:言語
  • 英語
prop-ja:通称
  • 日・ASEAN包括的経済連携協定、AJCEP協定
prop-ja:関連
prop-ja:題名
  • 包括的な経済上の連携に関する日本国及び東南アジア諸国連合構成国の間の協定
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 日本・ASEAN包括的経済連携協定(にほん・アセアンほうかつてきけいざいれんけいきょうてい)とは、2007年5月に基本合意した日本と東南アジア諸国連合(ASEAN)との間の経済連携協定(EPA)をいう。日本では2008年12月1日から発効した。日本の経済産業省では、本協定が日本にもたらす効果として、GDPの約1.1兆-2兆円程度の増加、約15万-約26万人程度の雇用機会の創出を予測している。
rdfs:label
  • 日本・ASEAN包括的経済連携協定
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:関連 of
is foaf:primaryTopic of