日本ビクター株式会社(にほんビクター、英: Victor Company of Japan, Limited)は、かつて存在した映像機器・音響機器・記録メディアを主製品とするメーカー。 2008年(平成20年)10月1日にケンウッドと経営統合し、共同で株式移転を行い、両社の持株会社JVC・ケンウッド・ホールディングス株式会社を設立。ケンウッド及びビクターは9月25日に上場廃止。JVCとケンウッドは同社傘下の事業会社となった。 2011年5月13日、10月1日にJVC・ケンウッド・ホールディングス株式会社(8月1日に株式会社JVCケンウッドに改称)を存続会社として、ビクターを含む3事業会社を合併する計画が発表され、10月1日に予定どおり合併が行われた。 日本では、蓄音機から聞こえる亡き飼い主の声に耳を傾ける犬(ニッパー)を描いて“His Master's Voice”と名づけられた絵を登録商標としていた。グローバルブランドを「JVC」、ブランドステートメントを「The Perfect Experience」としている。「JVC」ブランドは現在のJVCケンウッドでも存続している。 なお社名の読みについて、定款に定めをおいておらず登記もされていないが、近年のテレビ・ラジオ放送の提供クレジットやニュース番組などの報道では「にほんビクター」とアナウンスされていた。

Property Value
dbo:abstract
  • 日本ビクター株式会社(にほんビクター、英: Victor Company of Japan, Limited)は、かつて存在した映像機器・音響機器・記録メディアを主製品とするメーカー。 2008年(平成20年)10月1日にケンウッドと経営統合し、共同で株式移転を行い、両社の持株会社JVC・ケンウッド・ホールディングス株式会社を設立。ケンウッド及びビクターは9月25日に上場廃止。JVCとケンウッドは同社傘下の事業会社となった。 2011年5月13日、10月1日にJVC・ケンウッド・ホールディングス株式会社(8月1日に株式会社JVCケンウッドに改称)を存続会社として、ビクターを含む3事業会社を合併する計画が発表され、10月1日に予定どおり合併が行われた。 日本では、蓄音機から聞こえる亡き飼い主の声に耳を傾ける犬(ニッパー)を描いて“His Master's Voice”と名づけられた絵を登録商標としていた。グローバルブランドを「JVC」、ブランドステートメントを「The Perfect Experience」としている。「JVC」ブランドは現在のJVCケンウッドでも存続している。 なお社名の読みについて、定款に定めをおいておらず登記もされていないが、近年のテレビ・ラジオ放送の提供クレジットやニュース番組などの報道では「にほんビクター」とアナウンスされていた。 (ja)
  • 日本ビクター株式会社(にほんビクター、英: Victor Company of Japan, Limited)は、かつて存在した映像機器・音響機器・記録メディアを主製品とするメーカー。 2008年(平成20年)10月1日にケンウッドと経営統合し、共同で株式移転を行い、両社の持株会社JVC・ケンウッド・ホールディングス株式会社を設立。ケンウッド及びビクターは9月25日に上場廃止。JVCとケンウッドは同社傘下の事業会社となった。 2011年5月13日、10月1日にJVC・ケンウッド・ホールディングス株式会社(8月1日に株式会社JVCケンウッドに改称)を存続会社として、ビクターを含む3事業会社を合併する計画が発表され、10月1日に予定どおり合併が行われた。 日本では、蓄音機から聞こえる亡き飼い主の声に耳を傾ける犬(ニッパー)を描いて“His Master's Voice”と名づけられた絵を登録商標としていた。グローバルブランドを「JVC」、ブランドステートメントを「The Perfect Experience」としている。「JVC」ブランドは現在のJVCケンウッドでも存続している。 なお社名の読みについて、定款に定めをおいておらず登記もされていないが、近年のテレビ・ラジオ放送の提供クレジットやニュース番組などの報道では「にほんビクター」とアナウンスされていた。 (ja)
dbo:commonName
  • 日本ビクター株式会社 (ja)
  • 日本ビクター株式会社 (ja)
dbo:foundingYear
  • 0013-01-01 (xsd:gYear)
dbo:legalForm
dbo:locationCity
dbo:locationCountry
dbo:numberOfEmployees
  • 2009 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 11611 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:owner
dbo:owningCompany
dbo:postalCode
  • 221-8528
dbo:purpose
  • 情報・通信機器
  • 映像機器・音響機器
  • 記録メディア
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 8074 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 23202 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81309980 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 企業 (ja)
  • 企業 (ja)
prop-ja:ロゴ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:主要子会社
  • JVCエンタテインメント(株) 100% (ja)
  • ビクターエンタテインメント(株) 100% (ja)
  • (株)テイチクエンタテインメント 96.1% (ja)
  • JVCエンタテインメント(株) 100% (ja)
  • ビクターエンタテインメント(株) 100% (ja)
  • (株)テイチクエンタテインメント 96.1% (ja)
prop-ja:主要株主
  • 株式会社JVCケンウッド 100% (ja)
  • 株式会社JVCケンウッド 100% (ja)
prop-ja:事業内容
prop-ja:代表者
  • 不破 久温(代表取締役社長) (ja)
  • 不破 久温(代表取締役社長) (ja)
prop-ja:出典の明記
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:売上高
  • (2009年3月期) (ja)
  • 単独:2302億05百万円 (ja)
  • 連結:4620億86百万円 (ja)
  • (2009年3月期) (ja)
  • 単独:2302億05百万円 (ja)
  • 連結:4620億86百万円 (ja)
prop-ja:外部リンク
prop-ja:市場情報
  • --11-15
prop-ja:従業員数
  • (2009年3月末日現在) (ja)
  • 連結:11,611名 単独:3,460名 (ja)
  • (2009年3月末日現在) (ja)
  • 連結:11,611名 単独:3,460名 (ja)
prop-ja:本社所在地
  • 横浜市神奈川区守屋町3-12 (ja)
  • 横浜市神奈川区守屋町3-12 (ja)
prop-ja:業種
  • 3650 (xsd:integer)
prop-ja:決算期
  • --03-31
prop-ja:特記事項
  • --10-01
prop-ja:独自研究
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 日本ビクター本社工場(当時) (ja)
  • 日本ビクター本社工場(当時) (ja)
prop-ja:略称
  • ビクター、JVC (ja)
  • ビクター、JVC (ja)
prop-ja:社名
  • 日本ビクター株式会社 (ja)
  • 日本ビクター株式会社 (ja)
prop-ja:種類
prop-ja:総資産
  • (2009年3月期) (ja)
  • 単独:1950億19百万円 (ja)
  • 連結:2579億77百万円 (ja)
  • (2009年3月期) (ja)
  • 単独:1950億19百万円 (ja)
  • 連結:2579億77百万円 (ja)
prop-ja:英文社名
  • Victor Company of Japan, Limited (ja)
  • Victor Company of Japan, Limited (ja)
prop-ja:設立
  • --09-13
  • (日本ビクター蓄音器株式会社) (ja)
prop-ja:資本金
  • 516 (xsd:integer)
  • --03-31
prop-ja:郵便番号
  • 221 (xsd:integer)
prop-ja:関係する人物
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 日本ビクター株式会社(にほんビクター、英: Victor Company of Japan, Limited)は、かつて存在した映像機器・音響機器・記録メディアを主製品とするメーカー。 2008年(平成20年)10月1日にケンウッドと経営統合し、共同で株式移転を行い、両社の持株会社JVC・ケンウッド・ホールディングス株式会社を設立。ケンウッド及びビクターは9月25日に上場廃止。JVCとケンウッドは同社傘下の事業会社となった。 2011年5月13日、10月1日にJVC・ケンウッド・ホールディングス株式会社(8月1日に株式会社JVCケンウッドに改称)を存続会社として、ビクターを含む3事業会社を合併する計画が発表され、10月1日に予定どおり合併が行われた。 日本では、蓄音機から聞こえる亡き飼い主の声に耳を傾ける犬(ニッパー)を描いて“His Master's Voice”と名づけられた絵を登録商標としていた。グローバルブランドを「JVC」、ブランドステートメントを「The Perfect Experience」としている。「JVC」ブランドは現在のJVCケンウッドでも存続している。 なお社名の読みについて、定款に定めをおいておらず登記もされていないが、近年のテレビ・ラジオ放送の提供クレジットやニュース番組などの報道では「にほんビクター」とアナウンスされていた。 (ja)
  • 日本ビクター株式会社(にほんビクター、英: Victor Company of Japan, Limited)は、かつて存在した映像機器・音響機器・記録メディアを主製品とするメーカー。 2008年(平成20年)10月1日にケンウッドと経営統合し、共同で株式移転を行い、両社の持株会社JVC・ケンウッド・ホールディングス株式会社を設立。ケンウッド及びビクターは9月25日に上場廃止。JVCとケンウッドは同社傘下の事業会社となった。 2011年5月13日、10月1日にJVC・ケンウッド・ホールディングス株式会社(8月1日に株式会社JVCケンウッドに改称)を存続会社として、ビクターを含む3事業会社を合併する計画が発表され、10月1日に予定どおり合併が行われた。 日本では、蓄音機から聞こえる亡き飼い主の声に耳を傾ける犬(ニッパー)を描いて“His Master's Voice”と名づけられた絵を登録商標としていた。グローバルブランドを「JVC」、ブランドステートメントを「The Perfect Experience」としている。「JVC」ブランドは現在のJVCケンウッドでも存続している。 なお社名の読みについて、定款に定めをおいておらず登記もされていないが、近年のテレビ・ラジオ放送の提供クレジットやニュース番組などの報道では「にほんビクター」とアナウンスされていた。 (ja)
rdfs:label
  • 日本ビクター (ja)
  • 日本ビクター (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Victor Company of Japan, Limited (ja)
  • 日本ビクター株式会社 (ja)
  • Victor Company of Japan, Limited (ja)
  • 日本ビクター株式会社 (ja)
is dbo:creator of
is dbo:distributor of
is dbo:publisher of
is dbo:recordLabel of
is dbo:starring of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:label of
is prop-ja:production of
is prop-ja:recorded of
is prop-ja:レーベル of
is prop-ja:備考 of
is prop-ja:出演者 of
is prop-ja:制作 of
is prop-ja:前身 of
is prop-ja:勤務先 of
is prop-ja:所属 of
is prop-ja:発売元 of
is prop-ja:策定 of
is prop-ja:製作 of
is prop-ja:製作会社 of
is prop-ja:配給 of
is foaf:primaryTopic of