Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 日本スクールコーチ協会(にほんスクールコーチきょうかい)は、現代の青少年に対して未来へ歩き出す手助けを行い、青少年が自らの力で人生を豊かにすることを目標として活動している非営利団体法人(NPO)。現代には学習意欲の低下、いじめ、不登校等の問題のほか、核家族化、少子化、価値観の多様化、家庭においてのコミュニケーション不足など様々な事情から他人との意思の疎通がうまく取れず、将来に対しての不安がある青少年が存在する。そのような現状に対して、コーチング(人の可能性を引き出すコミュニケーション技術)を通して、青少年が自分自身の才能や可能性に気づき、自分の目指す人生に向かって生きていけるように支援するため、スクールコーチ(コーチングの専門技術を身につけて、学校等の教育現場で青少年をサポートする人)の養成やその普及のための講演会やセミナー等を開催し、教育機関との連携をより円滑にしている。スクール・コーチはコーチングをベースとするもので、履修科目の選択や進路の相談、(自宅)学習方法の指導などを行う学習コーチ(ラーニング・コーチ)やチューターとは根本的に異なることに注意を要する。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1651855 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 753 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 19 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51328245 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典の明記
  • 2012 (xsd:integer)
prop-ja:宣伝
  • 2012 (xsd:integer)
prop-ja:特筆性
  • 2012 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 日本スクールコーチ協会(にほんスクールコーチきょうかい)は、現代の青少年に対して未来へ歩き出す手助けを行い、青少年が自らの力で人生を豊かにすることを目標として活動している非営利団体法人(NPO)。現代には学習意欲の低下、いじめ、不登校等の問題のほか、核家族化、少子化、価値観の多様化、家庭においてのコミュニケーション不足など様々な事情から他人との意思の疎通がうまく取れず、将来に対しての不安がある青少年が存在する。そのような現状に対して、コーチング(人の可能性を引き出すコミュニケーション技術)を通して、青少年が自分自身の才能や可能性に気づき、自分の目指す人生に向かって生きていけるように支援するため、スクールコーチ(コーチングの専門技術を身につけて、学校等の教育現場で青少年をサポートする人)の養成やその普及のための講演会やセミナー等を開催し、教育機関との連携をより円滑にしている。スクール・コーチはコーチングをベースとするもので、履修科目の選択や進路の相談、(自宅)学習方法の指導などを行う学習コーチ(ラーニング・コーチ)やチューターとは根本的に異なることに注意を要する。
rdfs:label
  • 日本スクールコーチ協会
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of