Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 日本の高山植物相(にほんのこうざんしょくぶつそう)では、主に日本の高山帯に分布する高山植物について、日本の高山帯の地形、地質や気象と高山植物との関連、そして日本に自生する高山植物の起源とその変遷について概説し、またヨーロッパアルプスなど日本以外の高山植物相との比較を通してその特性を説明する。日本は海洋プレートの収束帯にあって火山活動が活発なことにより、比較的狭い地域に様々な地質や地形があるため、それぞれの地形や地質に適応した様々な高山植物が分布するようになった。また冬季の大雪と強風、春から秋にかけての多雨という気候に大きな影響を受けている。日本の高山植物は北極海周辺からやって来た植物を中心に、千島、カムチャッカ、北米の太平洋沿岸、ヒマラヤ山脈周辺、アルタイ山脈、更には低山帯から日本の高山に順応した種も見られる。本州中部の高山帯や石灰岩地、かんらん岩や蛇紋岩地といった特殊岩石地では、最終氷期のヴュルム氷期以前という古い時期に日本列島へやって来て、現在まで生き残り続けている高山植物が見られる。一方、歴史が新しい富士山に比較的近接する赤石山脈から高山植物が分布を広げていると考えられるなど、現在もなお高山植物の分布は変化をし続けているものと考えられている。しかし人間による盗掘やシカなどの食害、そして地球温暖化によると考えられる気象の変化によって、現在、日本の高山植物は危機に見舞われている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2347167 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 40721 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 419 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58078695 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 日本の高山植物相(にほんのこうざんしょくぶつそう)では、主に日本の高山帯に分布する高山植物について、日本の高山帯の地形、地質や気象と高山植物との関連、そして日本に自生する高山植物の起源とその変遷について概説し、またヨーロッパアルプスなど日本以外の高山植物相との比較を通してその特性を説明する。日本は海洋プレートの収束帯にあって火山活動が活発なことにより、比較的狭い地域に様々な地質や地形があるため、それぞれの地形や地質に適応した様々な高山植物が分布するようになった。また冬季の大雪と強風、春から秋にかけての多雨という気候に大きな影響を受けている。日本の高山植物は北極海周辺からやって来た植物を中心に、千島、カムチャッカ、北米の太平洋沿岸、ヒマラヤ山脈周辺、アルタイ山脈、更には低山帯から日本の高山に順応した種も見られる。本州中部の高山帯や石灰岩地、かんらん岩や蛇紋岩地といった特殊岩石地では、最終氷期のヴュルム氷期以前という古い時期に日本列島へやって来て、現在まで生き残り続けている高山植物が見られる。一方、歴史が新しい富士山に比較的近接する赤石山脈から高山植物が分布を広げていると考えられるなど、現在もなお高山植物の分布は変化をし続けているものと考えられている。しかし人間による盗掘やシカなどの食害、そして地球温暖化によると考えられる気象の変化によって、現在、日本の高山植物は危機に見舞われている。
rdfs:label
  • 日本の高山植物相
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of