Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 日本のボクサー(にほんのボクサー)は、2009年9月まで、主にミドル級以下の体重別階級を中心に活動してきた。オリンピックボクシング競技では、1960年のローマ大会で銅メダルを獲得した田辺清がフライ級、続いてメダリストとなった桜井孝雄、森岡栄治はいずれもバンタム級であった。プロボクシングでは、白井義男が1952年に日本人として初めて世界王座に挑戦し、世界フライ級王者となった後、続いて世界タイトルマッチに出場したファイティング原田、海老原博幸も同級であり、世界戦の最初の15試合のうち12試合がこの階級であった。2009年9月、プロボクシングにおいて、スーパーミドル級からクルーザー級までの3階級で日本王座が新設され、日本ヘビー級王座も再設置された。以下の各節では、日本のボクシング史を彩ったボクサーたちを性別・階級別に概説する。階級ごとの出来事およびその背景を記し、紛らわしい場合を除いて階級名は省略している。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2822108 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 28807 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 525 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55870250 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 日本のボクサー(にほんのボクサー)は、2009年9月まで、主にミドル級以下の体重別階級を中心に活動してきた。オリンピックボクシング競技では、1960年のローマ大会で銅メダルを獲得した田辺清がフライ級、続いてメダリストとなった桜井孝雄、森岡栄治はいずれもバンタム級であった。プロボクシングでは、白井義男が1952年に日本人として初めて世界王座に挑戦し、世界フライ級王者となった後、続いて世界タイトルマッチに出場したファイティング原田、海老原博幸も同級であり、世界戦の最初の15試合のうち12試合がこの階級であった。2009年9月、プロボクシングにおいて、スーパーミドル級からクルーザー級までの3階級で日本王座が新設され、日本ヘビー級王座も再設置された。以下の各節では、日本のボクシング史を彩ったボクサーたちを性別・階級別に概説する。階級ごとの出来事およびその背景を記し、紛らわしい場合を除いて階級名は省略している。
rdfs:label
  • 日本のボクサー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of