日本における衛星放送(にほんにおけるえいせいほうそう)では、日本の衛星放送について解説する。 放送法に基づく放送のうち、基幹放送(同法に規定する衛星基幹放送)および一般放送(放送法施行規則に規定する衛星一般放送)がある。 衛星放送の目的は、試験放送開始前(ゆり2号aの打ち上げ時)、離島・山間部といった、人口希薄な地域における難視聴地域の解消(いわゆるサイマル放送)を掲げていたが、その後方針を転換し、地上波放送ではできないような専門性の高い番組を提供するなど、チャンネルを増やす目的の放送となった。 日本放送協会(NHK)のNHK-BSは、別途NHK受信料による衛星契約(申告制)が必要で、地上契約(旧・カラー契約)に毎月970円を加えることとなる。2015年6月末現在、NHK衛星契約者数は約1936万件であるが、スクランブル放送で無いことから、地上契約のままの世帯も多い。

Property Value
dbo:abstract
  • 日本における衛星放送(にほんにおけるえいせいほうそう)では、日本の衛星放送について解説する。 放送法に基づく放送のうち、基幹放送(同法に規定する衛星基幹放送)および一般放送(放送法施行規則に規定する衛星一般放送)がある。 衛星放送の目的は、試験放送開始前(ゆり2号aの打ち上げ時)、離島・山間部といった、人口希薄な地域における難視聴地域の解消(いわゆるサイマル放送)を掲げていたが、その後方針を転換し、地上波放送ではできないような専門性の高い番組を提供するなど、チャンネルを増やす目的の放送となった。 日本放送協会(NHK)のNHK-BSは、別途NHK受信料による衛星契約(申告制)が必要で、地上契約(旧・カラー契約)に毎月970円を加えることとなる。2015年6月末現在、NHK衛星契約者数は約1936万件であるが、スクランブル放送で無いことから、地上契約のままの世帯も多い。 (ja)
  • 日本における衛星放送(にほんにおけるえいせいほうそう)では、日本の衛星放送について解説する。 放送法に基づく放送のうち、基幹放送(同法に規定する衛星基幹放送)および一般放送(放送法施行規則に規定する衛星一般放送)がある。 衛星放送の目的は、試験放送開始前(ゆり2号aの打ち上げ時)、離島・山間部といった、人口希薄な地域における難視聴地域の解消(いわゆるサイマル放送)を掲げていたが、その後方針を転換し、地上波放送ではできないような専門性の高い番組を提供するなど、チャンネルを増やす目的の放送となった。 日本放送協会(NHK)のNHK-BSは、別途NHK受信料による衛星契約(申告制)が必要で、地上契約(旧・カラー契約)に毎月970円を加えることとなる。2015年6月末現在、NHK衛星契約者数は約1936万件であるが、スクランブル放送で無いことから、地上契約のままの世帯も多い。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 47432 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 82939 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81556242 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典の明記
  • 2017 (xsd:integer)
prop-ja:参照方法
  • 2017 (xsd:integer)
prop-ja:独自研究
  • 2017 (xsd:integer)
dct:subject
rdfs:comment
  • 日本における衛星放送(にほんにおけるえいせいほうそう)では、日本の衛星放送について解説する。 放送法に基づく放送のうち、基幹放送(同法に規定する衛星基幹放送)および一般放送(放送法施行規則に規定する衛星一般放送)がある。 衛星放送の目的は、試験放送開始前(ゆり2号aの打ち上げ時)、離島・山間部といった、人口希薄な地域における難視聴地域の解消(いわゆるサイマル放送)を掲げていたが、その後方針を転換し、地上波放送ではできないような専門性の高い番組を提供するなど、チャンネルを増やす目的の放送となった。 日本放送協会(NHK)のNHK-BSは、別途NHK受信料による衛星契約(申告制)が必要で、地上契約(旧・カラー契約)に毎月970円を加えることとなる。2015年6月末現在、NHK衛星契約者数は約1936万件であるが、スクランブル放送で無いことから、地上契約のままの世帯も多い。 (ja)
  • 日本における衛星放送(にほんにおけるえいせいほうそう)では、日本の衛星放送について解説する。 放送法に基づく放送のうち、基幹放送(同法に規定する衛星基幹放送)および一般放送(放送法施行規則に規定する衛星一般放送)がある。 衛星放送の目的は、試験放送開始前(ゆり2号aの打ち上げ時)、離島・山間部といった、人口希薄な地域における難視聴地域の解消(いわゆるサイマル放送)を掲げていたが、その後方針を転換し、地上波放送ではできないような専門性の高い番組を提供するなど、チャンネルを増やす目的の放送となった。 日本放送協会(NHK)のNHK-BSは、別途NHK受信料による衛星契約(申告制)が必要で、地上契約(旧・カラー契約)に毎月970円を加えることとなる。2015年6月末現在、NHK衛星契約者数は約1936万件であるが、スクランブル放送で無いことから、地上契約のままの世帯も多い。 (ja)
rdfs:label
  • 日本における衛星放送 (ja)
  • 日本における衛星放送 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:voice of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:spec of
is prop-ja:ジャンル of
is prop-ja:制作局 of
is foaf:primaryTopic of